静かの海

土星の撮影に初挑戦した3月14日の晩に撮影した月は、満月を数日過ぎた月令だった。欠け際に近くに写っているウサギの顔の部分が「静かの海」、言うまでもなく人類が最初に足跡を刻んだ場所だ。
b0167343_1584141.jpg

アポロ11号が月面着陸に成功したのは、1969年の7月21日だったそうである。明け方のテレビ中継で映像以上に記憶に残っているのは地球との交信の音声だ。ピー、ピーという電子音を入れながら話をする事が、学校でも流行った程だった。当時は小学校1年生で、夏休みの絵日記にも書いた憶えがある。

その時の写真集が今も本棚にある。本の奥付には昭和44年(1969年)8月28日発行とあり、父が買ったものだ。でも、一番熱心に眺めたのは間違いなく私だ。久しぶりに開いてみたが、一枚一枚の写真に見覚えがある。それもそのはず、あまりに熱心に読んで勉強をしないので、母親に本を隠された事があった。
b0167343_1457205.jpg

父は何故この本を買ったのか、今となっては確認することは出来ないが、考えてみれば明け方の中継をわざわざ起こして見せてくれたのも父だったと思う。父がどんな意図だったにせよ、私が天体に興味持つようになった事に、そういった体験が関係している事は間違いない。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2009-04-05 15:17 |