街灯の上の星空

26日は北海道に季節外れの大雪をもたらした冬型の気圧配置のおかげで、夕方に見上げた空は春とは思えない透明度の高さだった。計画を実行するには、うってつけの空だと思った。

夕食後から仮眠をとり夜半近くに起きて外に出てみると、真冬のように澄んだ夜空に春の星座が見えていた。これなら大丈夫と確信して、その時が来るまで静かに待った。

午前2時過ぎに、身支度を整えてベランダに出た。周囲の街灯の光を遮るようにしてベランダにしゃがみ込むと期待通り天の川が見えていた。射手座から夏の大三角にかけて緩やかに流れる様子が美しい。

デジカメは周囲の光の影響をできるだけ受けないようにベランダの床に置き、同じアングルで30秒露出の固定撮影を繰り返した。撮影の間は、じっくりと夏の星座を眺めた。真夏にこれだけ透明度のある空はまず得られまい。冷え込みは気にならなかった。

撮影した写真はデジカメのモニターでは明るい星しか判らない。しかし、逆に街灯の影響も少なくて空は黒く写っている。コンピューター上で条件を上げると銀河がわずかに判別できる。その写真をPhotoshopで重ねてみた。
b0167343_23345696.jpg
b0167343_23351067.jpg
b0167343_21134794.jpg
b0167343_23354675.jpgb0167343_21311859.jpg
街灯に明るく照らされたケヤキの若葉と隣家の屋根の向こうに、期待通り銀河の存在が判る写真になった。4-8枚の写真を重ね合わせているので、2-4分の露出時間に相当するが、赤道儀のガイド撮影で同じ露出時間をかけるよりも街灯の影響もノイズも少なくなっているはずだ。

コンポジットによる作像ではあるが、街中でもコンパクト・デジカメの固定撮影で銀河を捉えることが出来た。もともと周囲は山に囲まれた盆地なので街灯の上には案外素晴らしい星空が広がっている。何とももったいない話だ。


この観測を世界天文年の
「めざせ1000万人!みんなで星を見よう」に登録しました。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2009-04-29 00:04 | 月・星のある風景