オリオン座流星群

このところ晴天が続いていて、夜半過ぎには夜空を見上げて流星を数えた。20日の晩は1時間余りで3つを数えた。もっとも、半分位の時間は双眼鏡で眺めていたので見逃した流星もあったはずだ。

21日の晩には、職場からの帰り道に10分ほど歩く僅かな間に3つを数えたので、そのままデジカメを出して自家用車の屋根に置き撮影してみた。ところが、カメラを構えるとなかなか流れない。30秒の露出で何コマも撮影したが流れなかった。今度流れなかったら止めようと思うのだが、次こそ流れそうな気がしてなかなか止められない。

そんなことを数回繰り返していると、まるでオリオンが矢を放ったかのようにオリオン座から西の方向に流星が現れた。急いでデジカメのモニターで確認すると、飛跡のうち特に明るく輝いた一部分だけが、かろうじて写っていた。放射点からオリオン座流星群の流星で間違いないだろう。

b0167343_046150.jpg
オリオン座流星群のもとになった彗星は、有名なハレー彗星だという。学生時代に迎えた回帰は少々期待はずれだったが、次の回帰は2061年だから再会を望むべくもない。オリオン座流星群を見上げながらハレー彗星と1986年当時に思いを馳せた。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2009-10-23 00:48 | 月・星のある風景