40mm接眼レンズの威力(その1)

b0167343_23545822.jpg40mm接眼レンズでの次なる対象はM42オリオン大星雲だ。前回の撮影では25mmの接眼レンズのため、手ブレや日周運動の影響を考慮して露出時間を1.3秒として撮影したが、今回は倍率が低い分だけ露出時間を2.5秒に設定して手持ち撮影した。露出時間を延ばした効果は絶大で、コンポジットするまでもなく星雲が広範囲に写っていることがカメラのモニター上で確認できた。そこで、条件のよい10コマを選んでコンポジットしてみた。

前回の写真と比較すると、露出時間を延ばした分だけ星像が日周運動の影響で少し伸びてはいるが気になる程ではない。前回は1.3秒露出で16コマなので積算の露出は約20秒、今回は2.5秒露出で10コマなので積算で25秒ということで、積算の露出に大差はないものの、今回の写真の方が随分と良く写っている。

b0167343_23554237.jpg
今回は暗い星まで鮮明に写っていて、星雲もトラペジウム周囲のピンク色をした中心部分だけでなく、周辺部分の青白色のニュアンスまで捉えられている。更に、鳥の羽のように広がる星雲の後ろの方向に、炎のような赤いガスの吹き出しも写っている。また鳥の頭に相当するM43星雲の部分も、今回の写真では「つ」の字型をしている姿がより鮮明になっている。

b0167343_2356191.jpg
Stellariumと比較しても、前述の赤いガスの吹き出しや周辺の青白いガスなど星雲の全容が一応は写っていることがわかる。視野は期待したよりも狭かったが、40mm接眼レンズの威力が十分に感じられる写真になった。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2010-01-16 00:02 | 星雲