春の系外星雲(その13-M64銀河)

M94に引き続いて、今度はコル・カロリから北斗七星と反対側の方向にある「かみのけ座」の銀河であるM64に望遠鏡を向けた。コル・カロリとアルクトゥルスを底辺とする直角三角形の頂点に当たる。

b0167343_0332471.jpg眼視でも淡い光芒の中心に芯をもった感じで、比較的はっきりと捉える事ができた。こちらも露出時間を5秒に設定して撮影した8コマをコンポジットしたが、M97に比べると日周運動の影響が随分と出て星像が線状になってしまった。

M64はblack eye galaxy(黒眼銀河)と呼ばれ、かなり大規模な暗黒帯があるのだが、像が流れてしまったため写ってはいないようだ。空の透明度の高い条件で、短めの露出時間で再挑戦してみたいと思うが、来年の春になるかなあ。

(撮影したメシエ天体 通算44/107個)
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2010-05-12 00:35 | 星雲