夜更かしの前ぶれ(M72)

M73から望遠鏡をほんの少し西に振ると「みずがめ座」の球状星団のM72に至る。M72もM73と同様に暗い天体だが、視野に入れば球状星団に特有の雰囲気を持っているのがわかる。

このM72は球状星団としては密集度が最も低く分類されているが、眼視ではそこまではわからない。密集度の高い球状星団は暗い天体でも面積を持った星のような風合いなのだが、そういう密集度の高さが感じられないのは確かだ。

b0167343_0305374.jpg写真は、いつものようにISOを3200に設定して露出時間は3.2秒で手持ち撮影したコマの中から16コマを選びコンポジットした。写真にしても淡いが、その割には面積を持っているので、確かに密集度が低いことがうかがわれる。

このような暗い天体を首尾よく望遠鏡に導きデジカメに収めることができると、今夜はなかなか調子がいいぞという気分になって、ついつい夜更かししてしまう事になる。果たして、この8月4日の晩も薄明を迎えるまでタップリと星雲・星団をハシゴすることになった。

(手持ち撮影したメシエ天体 通算71/107個)
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2010-09-07 00:33 | 星団