二重星団とハートレー彗星

富士山と桜、古寺と紅葉・・・単品でも絵になるものが組み合わさったら誰でも見たくなる。天文現象でも、稀にこういった組み合わせが起ることがある。今夜はまさにそんな希有な組み合わせで、ハートレー彗星が二重星団をかすめるように接近する・・・・。ということで、この夜を心待ちにしていた。なんと言っても、望遠鏡はピカピカになってもどってきたばかりなのだから。

しかし、夕方まで晴れていたが高層に薄雲が広がってどんどん厚くなるばかり。天気予報も夜から雨。日没直後は輝いていた木星も、時間とともに薄れていった。ということで、夕食を食べ終えると諦めてうたた寝をはじめた。しばらくして目を覚まし、何となく窓から外を見上げたら木星が煌々と輝いている。慌てて外に出てみると、空の真ん中から東にかけて晴れて星が見えているではないか!!しかし、肝心なカシオペヤは雲で見えないし、なにより自宅周辺では街灯りでハートレー彗星がよく見えないことは確認済みだ。

急いで望遠鏡を車に積んで家を出たのは23時をまわっていた。東に行けばチャンスがあるだろうと、富士山麓を目指した。途中でオリオン座がフロントガラス越しにチラッと見えた。期待できるかもしれない。そして、峠を越して富士の望めるあたりまできて車を降りた。気温は10度で、空には一面に雲が広がっている。冷たい風に吹かれてのぼせた頭を冷やすと早々に引き返した。

b0167343_1332684.jpgしかし、このまま寝るのはいかにも口惜しい。そんな訳で、8月21日の晩に星空を求めて放浪し、八ヶ岳山麓で望遠鏡が結露する前に撮影した二重星団の写真を貼付ける。ISOが3200で4秒露光の11コマをコンポジットしてある。望遠鏡は修繕前だが、空の条件が素晴らしかったので微光星までビッシリと写っている。

しかし1ヶ月以上も前の写真なので当然ながら彗星は写ってはいない。今頃は望遠鏡でも二重星団と同一視野に入ろうかという辺りに彗星がいるハズ・・・・せめて夢ででも見たいものだ。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2010-10-09 01:39 | 星団