ついに見えた(M1)

リストの1番目というのは、リストの作成者がそれなりの意図を持って選んだはずである。メシエがどうしてM1を決めたのかはわからないが、M2やM3よりは何か思い入れがあったと考える方が自然だろう。だからと言って、見る者がリストの番号順に見なければいけない訳ではないが、2番目以降は欠番のM40まで全てを見て撮影も済ませているのだから、1番目だけ見ていないのは何とも落ち着かない気分だ。例えれば作家の処女作を読まずに全集を読んだりするようなもの・・・、いやそこまで大げさな話ではない。ただ、見ていないというよりは、何度も見ようとしたが見えなかった、というのが正しい。

M1は単にリストの一番目というだけではない。約1000年前の超新星爆発の成れの果ての姿という点でも、メシエ天体の中では異色な存在だ。しかも、別名「かに星雲」と呼ばれる奇異な姿もメシエ天体では際立っている。何としても見てみたいと思わせるに十分な理由のある対象なので、それこそ天文少年だった頃から何度も望遠鏡を向けてきたのだが、なぜか存在を確認することすらできずに今日まで至ってしまった。

夏に星空を求めて彷徨し八ヶ岳山麓で満天の星空に遭遇した8月21日の晩に、昇ってきた「おうし座」を見て懲りずに挑戦した。場所はもう諳んじている・・・雄牛の下側の角の先にあるζ星を底辺の片側にして、二等辺三角形を作る星のならびの重心の辺り・・・に望遠鏡を向けた。すると、透明度の高い最高の条件だっただけあって、あっさりと星雲が確認できた。

b0167343_1174320.jpg
喜々として手持ち撮影を始めたところ、望遠鏡の対物レンズが結露してきて、どんどん見えなくなってきてしまった。それでも露光時間を8秒と長めに設定し手持ち撮影すると、確かに見えたという証拠写真は残すことができた。そして、望遠鏡のレストアを終えた10月5日の晩には、切れ味を取り戻した望遠鏡で今度は街灯りのある自宅でも存在を確認することができた。こちらも露光時間を4秒に設定して手持ち撮影した。いずれも16コマをコンポジットしたが、残念ながら姿形は二の次の写真になってしまっている。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2010-10-31 11:12 | 星雲