秋から冬の散開星団(その3-M34星団)

ペレセウス座のM34は、昨年の秋に以前のデジカメを用いてISO 1200で1秒露出という相当に控えめの条件で手持ち撮影している。その時は、星団の明るい星が幾つか写った程度だった。

前に見たM52星団とは対照的に、見かけの大きさもかなりあり、逆に言えばやや散漫な星団でもあるのだが、中央部に緩い集団を形作る星団を囲むように円形に星が並んでいるのが、星団が宝石箱におさまっているかのようで印象的だ。

b0167343_2352167.jpg30mm接眼レンズで露光時間は3.2秒に設定して手持ち撮影した16コマをコンポジットしたが、星団を構成する星が放射状に並び、比較的明るい星は青味を帯びて写っている。そして、星団を構成する星ではないのだろうが、周囲を楕円に縁どるように星々が並んでいる。周辺の星にはオレンジ色が目立ち、星団と合わせて打ち上げ花火のようにも見える。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2010-11-10 00:04 | 星団