鹿の声を聞きながら・・・(その3-M81/82)

資格試験の準備に追われ、試験が終わったら終わったで後回しにしてあったモロモロに飲み込まれてしまい、気が付けば2週間近くも更新できずに過ぎてしまった。あまり状況に変わりはないのだが、撮りためた写真がたくさんあるので、またいつものペースで更新していこうと思う。

b0167343_1242622.jpg復活!?の最初の一枚はM81/M82のBode銀河だ。11月5日の晩も更けてくると北斗七星が高度を上げて来た。そこでM81/M82に30mm広視野接眼レンズを付けて望遠鏡を向けてみた。すると、期待通り2つの銀河が余裕を持って仲良く同一視野に見えている。これは嬉しい。早速、デジカメを接眼部に手持ちで押し付けると、日周運動の影響を受けにくい北天の利を生かして露光時間を8秒と長く設定して撮影した。いつもの通り16コマを選んでコンポジットしてみたが、M81の明るい中心部を取り巻く淡い渦巻きから細い2本の腕が伸びている様子まで写ったのは期待以上の成果だ。これも嬉しい。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2010-11-30 01:28 | 手持ち撮影にこだわる訳