25年ぶりの再会

写真が紹介された星ナビが届いた12月4日の晩、身支度を整えて車に望遠鏡を積込むと八ヶ岳南麓を目指した。高揚した気分の持って行く先は他にはない。家を出た時間が遅かったので、夜半過ぎに昇ってくる「しし座」の銀河を撮影しようか、などと考えを巡らせているうちに目的地に着いた。車の温度計は外気温が3度と表示している。

ちょうどオリオン座が南中していたので、M42オリオン星雲に望遠鏡を向けた。前回の撮影では16コマをコンポジットしてまずまずだったので、今回は32コマのコンポジットを目指した。露光時間と構図を決めると、凍える指でひたすら撮影を続ける。デジカメのモニターと望遠鏡を交互に覗き込むのだが、望遠鏡の向こうにある星空もチラチラと視界に入ってくる。

そのうち、アレッと思った。そうかなと直ぐに閃いたが、オリオン星雲の撮影は止めなかった。チラチラと視界の端に存在を意識しながら、手持ち撮影を続けた。そして次第にその存在を確信するようになった。予定した36コマ分を撮り終えると、デジカメを三脚に付けて南の空を撮影してみた。思った通り、カノープスだった。学生時代に見て以来、実に25年ぶりの再会だ。

b0167343_959504.jpg冬枯れした木立の向こうに盆地の街灯りがあるため、その影響をできるだけ受けぬよう、露光時間を5秒、絞りを3.0、ISOを800に設定して連続的に撮影した4コマをコンポジット処理した。オリオン座の三ツ星から下だけが入るような中途半端な構図だが、シリウスがほぼ中央に陣取り、木立の上で街灯りに埋もれるようにカノープスが写っている。その姿には、シリウスに次いで全天で2番目に明るい恒星としての威光はないが、中国で南極老人として崇められている穏やかさがある。

中国では、カノープスを見ると長寿を得るとされているそうだが、2度見るとどうなるのだろうか。いずれにせよ、来るべき年が幸多きものであるよう願いつつ、2010年最後の更新としよう。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2010-12-31 10:01 | 月・星のある風景