最も美しい散開星団(M11星団)

一口に散開星団というけど、メシエ天体の中にも実に多彩な散開星団があって、それぞれが面白い。その中で最も美しいものを選ぶとすると、星の明るさが揃っていて密集度が高いという規準でなら、M37M52も思い浮かぶが、やはり最も美しいのはM11だろう。しかし、日周運動で星像が流れてしまっては密集した星々の美しさは引き出せないので、追尾することの意義は大きいはずだ。ということで5月14日の晩にM71の次にM11を簡易手動追尾で撮影した。

望遠鏡を向けると、まずはじっくりと眺めてみる。矩形に集まった星々は、一見すると星雲かのように見えるが、目を凝らしてそれが明るさの揃った星の集団であるとわかると「ほーっ」と溜め息が出る。中央にある明るい星が1つアクセントとして効いているし、周囲に散りばめられた天の川の微光星達も星団を引き立ているように見える。

b0167343_2211859.jpgデジカメを装着すると露光時間を3.2秒に設定して撮影をはじめた。追尾がうまくいって日周運動が相殺されて現れる星団の姿は、デジカメのバック・モニターで見ても非常に美しい。しかし、拡大して確認してみると、小さな星が密集しているのでわずかな追尾のズレでも気になる。そうやって厳選した34コマをコンポジット処理してみた。星団が写野の中央から多少ズレていても星が点像になっているコマを優先して選んだので、周辺部の明暗にムラが出てしまったが、M11の密集した美しさはかなりシャープに出せている。

今後は散開星団も簡易手動追尾でどんどん撮影していきたいと思う。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-05-28 02:24 | 星団