梅雨の合間の球状星団三昧(その3-M5球状星団)

どうやら梅雨が明けたようだが、月齢が進んできて夏の銀河をじっくり味わうには月末まで待たねばならない。

b0167343_23211875.jpg6月21日の晩の球状星団シリーズの続きであるが、M3の次はM5を見た。M3とM5は、お互いに比較的近くにあるのでセットで見ることが多いのだが、驚いたことにM5の見かけの大きさがM13にも匹敵するというような記述もある。

いずれにしてもNikon 8cmで見る限りは、M3とM5はほぼ同じような規模に見える。ただ、以前に手持ち撮影した時にも感じたが、M5は周辺部に星が分離して見えるように感じられる点がM3と異なる。

そこで露光時間を3.2秒に設定して、簡易手動追尾で撮影したなかから、40コマを選んでコンポジット処理してみた。すると、中心部の大きさはM3と同じぐらいであるが、確かにM5の方が広い範囲にまで星が広がっているのがわかる。M13に匹敵するとは思えないが、この後にM13も撮影しているので、いずれ並べて見かけの大きさを比較してみたい。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-07-10 23:24 | 星団