月夜のテスト撮影(その2-NGC253銀河)

9月18日の晩のサブ望遠鏡を使ってのガイド撮影であるが、月から比較的離れた南天のNGC253銀河もテスト撮影してみた。露光時間は6秒に設定して撮影した中から14コマをコンポジット処理したのが右側の写真。同じ対象を9月6日の晩にもブラインドの簡易手動追尾による6秒露光で撮影してあった。こちらは左側の画像だが、41コマをコンポジット処理してある。

b0167343_03404.jpg
9月6日は月没後の撮影であったのに対して9月18日は月明かりの中の撮影であり、やはり右側の画像では星雲の淡い部分が背景の月明りに埋もれてしまっている。その一方で、ガイド撮影の画像の方が、星は点像になってシャープな仕上がりになっている。

月のない条件でのガイド撮影なら、銀河の周辺の淡い部もちゃんと表現出来そうな気がする。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-09-23 00:35 | 手持ち撮影にこだわる訳