速報(バラ星雲)

好天続きだったので、ミニ・ボーグでこれまでコリメート撮影した対象を、もう一度じっくりと撮影し直してみようと思い、八ヶ岳山麓に出掛けた。1つ1つの対象に2時間から4時間近くの時間を費やして撮影をした。その画像は、これからおいおいコンポジット処理してアップしていくが、1つだけ新しい対象を撮影したので、先にコンポジット処理してみた。

10月28日の晩(というか10月29日の明け方近く)に夢中で撮影していると、東の空に黄道光が見えていることに気が付いた。時刻は午前4時をまわっていた。そこから撮影にラスト・スパートをかけると一応は目安としていたコマ数を撮影し終えたが、まだ空は十分に暗く撤収するには惜しい。そこで、バラ星雲が写るかどうか試してみることにした。

望遠鏡の眼視で確認できる対象ではないので、おおよその場所を見定めて望遠鏡をオリオン座の東側に向けると、ミニ・ボーグに30mm接眼レンズを付けてデジカメを装着した。ISOは3200で64秒露光に設定して手動ガイドで試し撮りしてみると、やや視野の中心からは外れているものの、沢山の微光星に埋もれそうになりながら赤い星雲がちゃんと写っていた。既に東の空がだんだんと白んできたので64秒露光はあきらめて、そのままの構図で30秒露光に設定してガイド撮影を続けた。デジカメのバック・モニターでも1コマごとに背景の空が青味を帯びてくるのが分かった。結局、全部で8コマ撮影したところで、赤い星雲は空の青さに埋もれてしまった。

b0167343_11151896.jpg
ということで、全部で9コマをコンポジット処理してみた。画像が粗くて本来の美しさは出ていないが、それでもバラ星雲の名前を彷彿とさせるような画像になった。これも次の機会に、じっくりと時間をかけて撮影してみようと思う。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-10-30 11:19 | ミニ・ボーグの世界