ミニ・ボーグによる散開星団三態(その2-二重星団h-χ)

M36とM38を撮影している間に、二重星団h-χが天頂付近から高度を少し下げてきて、三脚に邪魔されずに鏡筒を向けることができるようになった。ということで、ミニ・ボーグに30mm接眼レンズを組み合わせて、コンデジの露光時間を15秒に固定してISOを2000から800まで段階的に下げながら、M36&M38同じように手動ガイドでコリメート撮影した。こちらは全部で18コマをコンポジット処理した。

M36とM38は、くっしーさんがコメントに書き込んでくれたように、φ星と三角形を形成するように見えていることで、趣が異なる2つの星団に何か関連があるような印象を受けるところが面白い。これに対して二重星団は低倍率だと一見シンメトリーな印象だが、倍率を上げて見ると意外と2つの星団の雰囲気が異なっている。

b0167343_042263.jpg
こちらも、写真をクリックして大きな画角でも楽しんで下さい。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-11-11 00:42 | ミニ・ボーグの世界