久々のNikon 8cm登場(M78星雲)

せっかくの新月期を出張のためにこのまま逃すのは何とも悔しいと、11月29日の晩は夜なべ仕事を終え日付が変わってから、冬の間の観望地探しを兼ねて八ヶ岳山麓へ出掛けた。以前から候補地として考えていた場所に出掛けてみたところ、この夜は寒気が後退して妙に暖かだったためにほぼ無風で、一番懸念される季節風の影響が確認できなかった。しかもスキー場の人工降雪機も止まっていて、その照明の影響も確認出来ずじまい。まあ考えようによってはラッキーだったのだが、観望地探しの課題は持ち越しとなった。

しかも北東側が曇っていて北極星が見え隠れしている。北極星が顔を見せた瞬間を狙ってササッと赤道儀の向きを合わせたのだが、これが意外とドンピシャだった。それならばと、久しぶりに8cm本体でのコリメート撮影に挑戦することにした。頭の中にはBode銀河が対象としてあったのだが、雲に隠れてしまっていたので、一番空が安定している南天のM78星雲に望遠鏡を向けてみた。

眼視で確認して30mm接眼レンズにコンデジをつないでセットアップし、まずは64秒露光で手動ガイドしてみたところ、ガイド星は視野の中心からほとんど外れなかった。適当にやった割には極軸合わせはバッチリだったようだ。そこで80秒からさらには128秒まで露光時間を延ばしてみたが、手動追尾に伴うエラー以上の星のズレはなかった。ただ、肉眼ではなんとか冬の銀河が見えてはいたのだが、どうも暖かだった分だけ上空の水蒸気が多かったようで、ISOを相当に下げていっても背景の空が黒くならなかった。

最終的には、64秒露光でISOが1600から800までの17コマ、80秒露光でISOが640の5コマ、128秒露光でISOが800から500の8コマの、合計30コマ(単純合算で累積露光時間は40分強ということになる)をコンポジット処理したのだが、背景が白っぽいために画像処理で星雲の淡い部分との折り合いがつけられず透明感に乏しい画像になってしまった。

b0167343_1444879.jpg
それでもM78本体と暗黒帯をはさんで流れるガス星雲の濃淡もかなり良く写っているし、ISOを落とした分だけ画質も良好だ。手動ガイドのエラーで星が若干は流れているが、星雲のかなり微細な部分まで写っている。ミニ・ボーグでの撮影はお手軽ではあるのだが、長秒露光が可能になってみると解像度の面では8cmとは勝負にはならない。こんなに写るなら透明度の良い晩に再挑戦してみたいが、今度はM78本体を少し中心から外し気味して、暗黒帯の反対側の星雲も含めて中心部に来るような構図になるように注意したいと思う。

追伸
追尾エラーの比較的少なかった16コマを選んで、画像処理からやりなおしてみたので、改めてアップする。
b0167343_23254556.jpg

[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-12-04 01:47