カリフォルニア星雲

この機会を狙っていたわけではないが、カリフォルニアへの出張の合間に、以前に撮影してそのままになっていたカリフォルニア星雲をアップする。

撮影したのは八ヶ岳山麓で11月1日の晩。ミニ・ボーグに30mm接眼レンズを組み合わせたコンデジによるコリメート撮影だ。もちろんNikon 8cm望遠鏡による手動ガイドで、露光時間は32秒と64秒でISOは3200から800までを段階的に試みた合計47コマをコンポジット処理してある。

b0167343_2250528.jpg
全体として淡いものの、赤いサヤエンドウのような輪郭の濃淡が捉えられている。カリフォルニア星雲の名前の由来は、その形が文字通りカリフォルニア州の地形に似ているところから来ているようだが、このカリフォルニアの地に暮らす大抵の人々は、この星雲の存在など全く知らないことだろう。


海岸沿いの公園を散歩していたら、繋留されているボートにもクリスマスの飾りが施してあった。写真は、トナカイとソリの飾りがしてあったボート。
b0167343_232640.jpg
海岸線は温暖なカリフォルニアも、少し内陸に入れば雪が降る。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-12-13 22:51 | ミニ・ボーグの世界