2011年総括の1枚(M3球状星団)

日中を大掃除に励んだ12月29日の晩は、ビールの栓を開けたいのをグッとこらえると、月没を待って八ヶ岳山麓に出掛けた。着いた時には雲が広がり小雪が舞っていたが、予報より少し遅れて午前2時ごろから晴れてきた。しかし、季節風がなかなか収まらない。順調に手動ガイドがいっていても最後のところで強風に望遠鏡が煽られてブレてしまうようなこともあって、思うような写真が撮れないまま薄明を迎えようとしていた。

これが最後と、望遠鏡を天頂付近に昇ったM3球状星団に向けると、自分の体で望遠鏡を風から守るようにして、露光時間を20秒に設定して手動ガイドを行なった。ISOは2000から800まで薄明の進行とともに落としながら撮影をした。半分以上は風の影響でガイド・エラーが目立ち使い物にならなかったが、まあまあの18コマを選んでコンポジット処理し、さほど期待もせずに増感処理を施した。できた画像は、ビックリするぐらい周辺部まで星が広がっていた。今年の夏に、簡易手動追尾法で3.2秒の露光で撮影した写真とは、同じ対象とは思えない程だ。これからは明け方に続々と球状星団が高度を増してくるので、いったいどんな風に写るのか楽しみだ。

b0167343_19431317.jpg
ということで、正真正銘の今年最後の画像で2011年を締めくくることにする。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-12-31 19:47 | 手持ち撮影にこだわる訳