2012年写し初め(その1-M97ふくろう星雲)

既に2月も半ばだが、2012年の写し初めは1月2日の夜だった。本当は1日の晩にも月没を待って出掛けたのだが、素晴らしい星空は望遠鏡を組み上げた途端に雲で覆われてしまった。天気予報の通りだった。そこで、3日の晩はまだ月があるうちに出掛けて準備を整えた上で月没を待つ事にした。季節風が強まる予報だったので、「八ヶ岳下ろし」を受けるいつもの八ヶ岳山麓は避けて、富士山麓に出掛けた。

現地着は23時過ぎ。既に同好の志が撮影の準備を整えていた。松林が北西の季節風よけになるように考えて、西寄りに車を停めると望遠鏡を組み上げた。月が西の空にまだ明るく出ていたので、月からは比較的遠いM97ふくろう星雲に望遠鏡を向けた。年末にはM108銀河と一緒の構図で撮影したが、今回はM108を視野外に追いやってM97を真ん中に置いて撮影をはじめた。

例によって、Nikon 8cmに30mm接眼レンズを組み合わせ、コンデジの露光時間は64秒に設定すると、ミニボーグでガイド星とにらめっこしながら完全手動ガイドで撮影をしていった。月明かりの影響があるので、最初はISOを600から始めて、月が高度を下げるにしたがってISOを800、1000と段階的に上げていった。幸い季節風の影響はほとんど受けずに手動ガイドに集中できたので、ガイド不良も比較的少なかったが、約1時間半をかけて全部で40コマ弱を撮影したところで、バッテリーの残量が尽きてしまい終了とした。厳しい寒さの影響でバッテリーの持ちがかなり短くなっている。撮影を終えるころには月はかなり高度を下げていたので、本当ならISOをもう少し上げてコマ数を稼ぎたいところだったが、やむを得まい。

b0167343_046526.jpg
ということで、ガイドエラーの少なかった22コマを選んでコンポジット処理してみたが、月明かりを考慮してISOを相当に下げていたこともあって結果から言えばやはり露光不足だった。それでもフクロウの目玉はもちろん、2つの目玉の間に小さな星が1つ、ちょうどクチバシのように写っているは確認できる。ガイドが比較的うまくいって星々は点像に近く写ったので、コマ数を増やせれば、もう少しハッキリと対象を捉えられたハズだ。デジカメのバッテリーを入れ替えるとセット・アップがやり直しになるので、その労を惜しんだばっかりに、せっかくの好条件での写真が中途半端になってしまった。

追記
3月下旬にPower Shot S95で再び撮影を試みたが、この夜は雲に阻まれて16コマだけの撮影に終わった。そこで、2回分の撮影をコンポジットしてみた。
b0167343_054146.jpg
星雲の見栄えが多少は改善したように思うが、2回の撮影でレンズの収差の向きが異なっているために、周辺部の星像がかなり乱れてしまった・・・・。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2012-02-12 00:47 | 星雲