ダーク減算が入らない!!(その1-M51子持ち銀河)

1月29日の晩は、購入したCanon Power Shot S95にCHDKを入れて、Nikon 8cmでのコリメート撮影に挑戦した。ところが、その積もりは全くなかったのに撮影してみるとダーク減算処理が行なわれない!!??。コンデジのメニュー画面を見直しても、なぜそうなるのかは分からなかったが、いずれはダーク減算なしで撮影してPC上でまとめて減算処理を行なうことを考えていたので、そのまま前倒しでテスト撮影することにした。

望遠鏡をM51に向けると、露光時間を40秒にISOを1600にそれぞれ設定し撮影してみた。いつもなら、ダーク減算処理の間は手動追尾を休むことができるので、セルフタイマー機能を使って4-6コマを連続して撮影している。しかし、今回はコマ間の休みなしで撮影することになるので、2コマ連続撮影の設定にして撮影し、一呼吸ついてまた2コマを撮影するというパターンでやってみた。やはりコマ毎の減算処理が要らないので、いつもよりコマ数が稼げる感じだ。しばらくすると疲れのせいか追尾の精度が落ちて来たので、露光時間を20秒に減らしISOを2000に上げて撮影を続けた。そして、また元気になったところで、最後に2分露光でISOを640に設定して数コマ撮影してみた。減算処理用のコマも条件を変更する度に望遠鏡にキャップをして撮影しておいたが、熱カブリは露光時間やISOに比例して強くなった。

結局、全部でダーク減算用のコマも含めて約50コマを撮影したが、要した時間は1時間ちょっとだった。撮影したコマの露光時間を積算すると約35分なので、従来通りコマ毎にダーク減算が入れば、倍の時間を要するから単純計算で70分になる。撮影のインターバルも含めれば最低でも1時間半はかかったハズだ。

b0167343_1644186.jpg撮影した各コマを、望遠鏡にキャップをして同一設定で撮影したコマと重ねた上でPhotoshopの「差の絶対値」を使ってダーク減算処理を行なったが、操作は簡単で手間はほとんど気にならない。肝心の画質であるが、減算処理でスジ状の熱カブリが消失してはいるものの、減算処理後もスジ状のムラがわずかに見えている。このムラは全てのコマで同じ場所に残ることになるが、コマ毎に対象の位置が多少はズレているので、対象に合わせてコンポジット処理をすれば目立たなくなると思われる。

b0167343_1646931.jpg
40秒露光で撮影した20コマから16コマ、20秒露光で撮影した20コマから14コマ、2分露光で撮影した6コマから4コマを選んで、合計34コマをコンポジット処理した画像を、そのまま反転せずにアップしてみた。ガイドエラーで星がいくらか線状に延びて写ってはいるものの、星雲の腕に重なって見える微光星もハッキリと確認できて、やはり2分露光のコマが効いていているようだ。キレイな天体写真を撮るための最大の要因は、十分な露光時間なのだと改めて思う。

ただ増感処理したためもあって、縦にスジ状のムラが残ってしまっている。ダーク減算処理なしの撮影は短時間でコマ数を稼げることは大きな魅力だが、やはりいくらかは画質が低下することは避けられないようだ。対策としては、コンポジットの際の手間は増えるが、数コマごとにカメラを90度ずつ回転させながら撮影していくことが考えられる。

b0167343_1647413.jpg
最後に、前回12月初旬に40秒露光で撮影した28コマともあわせてコンポジット処理してみたところ、若干は鮮明度が落ちたが画像の粗さはかなり解消された。

コンデジの撮影時でのダーク減算の有無について、どちらが良いかはもう少し検討が必要だろう。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2012-02-26 16:51 | 手持ち撮影にこだわる訳