春のアンタレスと銀河

さそり座の一等星アンタレスが南中するのは、夏の初めだと午後8時ごろだが、5月の連休だと夜半過ぎ、そして3月下旬だと薄明直前の時間帯になる。日中の暑さが残るなかで大気の揺らぎで燃えるように見えるアンタレスは、もちろん夏の夜空の主役であるが、明け方の冷え込みの厳しいこの時期に凛として見えるアンタレスも味わいがある。

3月25日の晩は、八ヶ岳周辺には季節風による雪雲が張り出してくる予報だったので、雲を避けるように富士山麓に出掛けた。南天のM83を撮影したら帰るつもりだったのが、澄み切った星空が名残惜しくて予定の時刻を過ぎてもなお撮影を続けていた。そして、我に返るとアンタレスが富士山の横で高度を増していた。大慌てで機材の撤収を始めたが、東の空から昇ってきた銀河があまりに見事だったので、ガイド鏡のミニ・ボーグを外した雲台にコンデジを据え付けてカメラを銀河の方向に適当に向けると、露光時間を30秒にISOを800と400にそれぞれ設定するとNikon 8cmをガイド鏡にして4コマずつ撮影した。それから大急ぎで富士山麓をあとにした。

撮影した8コマをコンポジット処理してみると、既に薄明をむかえていて銀河の東側の空は明るくなりかけていた。そして、肝心のアンタレスは端っこにギリギリで写っていて、反対側には立ち木が斜めに写りこんでいるという、なんとも中途半端な構図だった。それでも、銀河を分かつ暗黒帯の複雑な切れ込みが柔らかく写り、中でもアンタレスの方向に流れ込むように長く伸びていく様が捉えられている。
b0167343_17193778.jpg

ちなみに、この時の気温は氷点下7度。星像もシャープで、いかにも春の明け方らしい空だ。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2012-03-31 17:22 | 月・星のある風景