基本は極軸合わせ(M20三裂星雲+M21)

金環食の余韻に浸るなか、地味な春の系外宇宙シリーズに戻る気分にはならず、一足先に日食を目前に控えた5月18日の晩に撮影した華やかな夏の星雲をアップすることにした。この夜は、夜半前に富士見高原に向かったのだが、いつもは行き交う車もない鉢巻き道路を妙に多くの車が走っていた。スキー場に着いてみると、土日に自転車競技会が開催されるらしく、駐車場には既にたくさんの車が止まってるではないか。ただ、まだ彼らの時間ではないので、駐車場の一番奥に車を止めてNikon 8cmをセットアップした。さすがに翌朝に競技会を控えているので、ほとんどは車中泊の様子で、車がたくさん止まっている割には静かだった。それでも、次々にヘッドライトを明るく照らして車が入ってくるのには閉口した。

この夜は、久しぶりにミニボーグで夏の星雲星団を撮影するつもりでいたのだが、事前の確認が足りず思うように合焦しない。早々に諦めて、いつも通りにNikon 8cm本体でのコリメート撮影へと切り替えた。しかし、頭は簡単には切り替わらず、単独の対象を狙う気持ちにはどうしてもならない。そこで、M20三裂星雲をM21とのセットで写すことにした。

30年以上昔に作られたNikon 8cmの赤道儀には極軸望遠鏡は据え付けられていないので、水平出しをやった上で三脚ごと望遠鏡を持ち上げて望遠鏡本体が北極星に向かうように微調整するという、適当この上ない極軸合わせになる。ただ、ほんのオマジナイ程度だが小熊座の向きで若干の方向調整を図っている。この夜はそんな適当な極軸合わせが割合とうまくいって、ガイド星は2-3分なら十字線からほとんど離れない。そこで、がんばって少し長めに露光をかけてみることにした。

露光時間を20秒 (ISO 1600)から始めて、40秒(ISO 800-400)、64秒(ISO 640-500)、100秒(ISO 500)と延ばし、128秒(ISO 400-320)露光も試みた。コンデジのバックモニターでも、露光時間に比例して星雲の色合いが鮮やかになっているのが確認できた。それを励みに、微動ハンドルを握りしめて心の中でカウントダウンしながらガイド星を追いかけ続けた。

b0167343_0575666.jpg
(今回は画質が比較的良いので、クリックすると大伸ばしも見られます!!)
全部で40コマを撮影した中から32コマを選んでコンポジット処理した。32コマの積算の露光時間が30分を超えたので、コマあたりの平均露光時間が1分と、完全手動追尾としては相当に気張った露光になった。その成果は明らかで、何が嬉しいと言って微光星までも色が良く出ているのが今までの画像にはなかったことだ。そしてM20もかなり淡い部分まで写っており、星雲の色彩も豊かになった。さほど強調処理もしていないので、星が肥大していないのも良いなあ。

頭が複数の対象を同時に写す!!という思考回路になっていたので、この構図にしたのだが、結果的にはどうだったのか。M21の端の方の星々はレンズの収差の影響で星が線状になってしまっている。M21は散開星団としては規模の小さいものなので、こうして無理に2つの対象を視野内に収めるよりは、M20を単独で視野の中心に置いた方が良かったのかも知れない。

いずれにしても、1年前の簡易手動追尾の頃に苦戦して写した画像は何だったの!!というぐらい美しい写真になった。コリメート撮影としては、かなり極めた感じがする。成功の要因はというと、何と言っても十分な露光時間と、それを可能にした極軸合わせ。運任せではない極軸合わせの調整法を研究しなくては・・・。

追記
その後に、「なんちゃってフラット補正」と「似非星マスク処理」を加えたので、アップする。
b0167343_211977.jpg
(クリックすると大きくなります)
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2012-05-26 00:42 | 星雲