夏の星雲・星団(その6-M11野鴨星団)

そろそろ月も下弦を過ぎて、夜を迎えるとソワソワするようになってきたが、またしてもゴールデンウイーク前半の撮影記録である・・・

・・・前の晩に続き4月28日の晩も富士見高原に向かった。今度は野辺山には寄らずに真っすぐに富士見高原に行った。夜半前に着くと、昨晩と同様に駐車場は賑やかだ。東よりの一番奥に車を停めた。連休なので昨夜からそのままここに止まっての撮影という人が多いのだろう。仲間同士の楽しげな声が聞こえる。

月没を待って望遠鏡を向けたのは、「たて座」の散開星団のM11。明るさの揃った星々が密集して群れる様は、全天でも指折りの美しさの散開星団だ。それほど暗い対象ではないので、露光時間は20秒に固定してISOは2000から640までといろいろな条件で手動ガイドした。30分程で50コマ余りを撮影した。赤道儀の具合はマズマズで、比較的気持ち良く手動追尾できた。

b0167343_091663.jpg
全部で50コマをコンポジット処理してみたのだが、コマ数の割に星像が粗い印象を受けるのはなぜだろうか。コマ数が半分になってしまっても、もう少し露光時間を費やしたほうがキレイな像が得られたのかも知れない。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2012-09-11 00:10 | 星団