夏の星雲・星団(その8-M17オメガ星雲)

前回に続いて4月28日の晩。M16が雲隠れしている間に、近くのM17に浮気したのだが、その結果は・・・

・・・M16がスジ雲に隠されている間に、そのわずかに南側のM17は何事もなかったかのようにちゃんと見えている。すでに薄明時刻が迫ってはいるが、撮影してみることにした。「・・・ことにした」というと熟慮の結果のようだが、見えている星雲にパッと飛びついてしまったというのが本当のところだ。

相変わらず赤道儀の動きはシブいが、ある程度は露光時間を稼ぎたいので、20秒(ISO 2500)露光で4コマ、32秒(ISO 2500-2000)露光で5コマ、40秒(ISO 1600)露光で4コマと、露光時間を延ばしながら撮影した。しかし、夜が明けていくのが早い。駐車場のアスファルトがなんとなく白っぽく見えるようになってきた。そこで、露光時間は15秒でISOを2000から薄明の進行に応じて640まで下げながら、全部で20コマ余りを撮影した。

b0167343_131358.jpg
積算の露光時間は12分ちょっと。短い露光時間にもかかわらず星が流れて写っているのは、極軸合わせの問題ではなくて追尾自体が不良だったことを物語っている。星雲の明るい本体から淡い部分をたどっていくと、かろうじてΩの形をイメージすることが出来る。

それにしても、この時期の夜明けは早い。真冬だったら、冷え込みに耐えさえすれば、もう1天体は余裕を持って写せるぐらいなのだが、午前4時前に撤収だ。冬の撤収時刻だとラジオでは朝の番組がはじまっていたのが、この夜(いや朝か)はカーラジオからはまだ深夜番組が流れてきた。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2012-09-30 13:02 | 星雲