ミニ・ボーグでオリオン星雲に挑戦

10月20日の晩は、八ヶ岳に沈む夏の大三角に続いて秋の銀河をNikon 8cm本体で撮影するつもりでいた。しかし、季節風が割と強くて、鏡筒をあおられてしまう。考えてみれば霧の温床とも言うべきこの場所が晴れているのも、この風のお陰だった。

そこで、予定を変更して普段はガイド鏡になっているミニ・ボーグにコンデジを装着し、Nikon 8cm本体をガイド鏡にして、1年ぶりにオリオン星雲をミニ・ボーグで狙ってみることにした。この倍率であれば、風にあおられても影響は少ない。せっかくなので、手動ガイドの限界の露光時間にも挑戦してみよう!!

微動装置を肩・肘・手首の可動域の限界までねじ込んで、最長で256秒露光まで頑張ってみた。256秒露光を6コマを含めた31コマの積算露光時間は66分で、1コマ平均が2分を越える露光になった。

b0167343_311259.jpg
(クリックすると画像が大きくなります)
星雲本体の周辺に広がる分子雲の片鱗が写らないか!?との期待も持って撮影したのだが、さすがに無理だった。しかし、背景の星々の光が遮られている感じで分子雲の存在は想像することはできる。ちょうど1年前の画像と比べると、露光時間をがんばった成果はあったようだ。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2012-10-29 03:04 | ミニ・ボーグの世界