秋の銀河星雲(その4- M74)

9月の新月期に、まだコリメート撮影で捉え切れていなかったメシエ天体の撮影を試みた。

うお座のM74に撮影した晩はコンデジのSDカードが不調で、コマ数を稼げずにいるうちに雲が出てきてしまった。M74は非常に淡い銀河で、Nikon 8cmの眼視では辛うじてその存在が出来る程度。それなのに1コマ当たりの露光時間が1分と短い上に、19コマのみのコンポジットとなってしまった。

b0167343_18492135.jpg
画像処理には、なんちゃってフラット補正と似非星マスク処理も施したのだが、腕が1本長く伸びている様子が何とか確認できる。

ネット上の画像をみると、M74は非常に美しい渦巻き銀河だ。しかし、Nikon 8cmでのコリメート撮影では、たとえ2分露光で40コマ程度を撮影できたとしても、銀河の構造まで捉えるのは難しそうだ。

(撮影したメシエ天体 通算93/107個)
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2012-12-22 18:52 | 星雲