2012年の集大成(バラ星雲)

・・・この1年間、振り返ればいくつかの進歩があった。

まず、手動追尾においては極軸合わせに力を入れるようになったこと。露光時間を増やすためには、必然的に正確な極軸合わせが求められるが、以前は露光時間が短かったこともあり無頓着だった。それが、Nikon 8cmの赤道儀の特性を知ることで、以前よりも極軸合わせの精度を増すことができた。その結果、5分程度の時間をかけて調整すれば、1200mmの焦点距離に30mmの接眼レンズの組み合わせで1分半程度の露光なら、手動追尾のエラー以内に収まるような極軸合わせが可能になった。

次に、LPS-P2とV4フィルターの導入がある。青白い散光星雲には効果が弱いかマイナスに働く印象だが、赤い散光星雲には非常に威力を発揮してくれる。LPS-V4フィルターは光量のロスも大きいが、赤い散光星雲での効果は絶大で、そこそこまでなら月夜でも写ることがわかった。

最後に、画像処理の進歩がある。フラット補正は非常に効果があることがわかり、今まで撮影してあった画像が、まるで別の写真かのように蘇った。似非星マスク処理を組み合わせることで、背景の星の飽和による肥大も緩和された・・・

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

そんな2012年の成果を集大成するべく、双子座流星群の極大日も近い12月11日の晩に、仮眠をとって日付が変わるころに八ヶ岳山麓の大泉に出掛けた。この日は寒波の到来で冷え込みが厳しく、弱いながらも季節風があった。北西の空には時々淡い雪雲の流れ込みはあったが、幸い南の空には影響はなかった。

そこで、Nikon 8cmをバラ星雲の方向に向けた。以前の月夜の晩のテスト撮影では、星雲の中心部にあるNGC2244星団を視野の真ん中に置いたが、星雲の中心を外してしまっていた。そこで、今回は慎重に望遠鏡の方向を調整した。準備ができると、最初はフィルターなしで撮影を始めた。もちろんCanon PowerShot S95のコリメート撮影で、泣く子も黙る!?手動追尾である。

2分露光を考えていたのだが、撮影を始めてみると季節風が時折吹き付けて望遠鏡が振動するのと、極軸合わせがベストではなかったため、露光時間は80秒止まりとした。この夜は、冷え込みを覚悟して、国際宇宙ステーションの船外活動だって出来るんじゃあないか!?というぐらいの厚着で来ていた。経験的に氷点下10度を下回っても十分な備えをしてきたのだが、季節風が容赦なく弱点の顔と指先の体温を奪おうとする。しかし、キレイな写真を撮りたい一心で微動ハンドルを握りしめて撮影を続けた。その風の影響で、追尾の精度は低くなりがちで、風で揺れて撮影直後に削除せざるを得ないコマも多かった。

フィルターなしでISOを1000に設定して23コマを撮影したところで、最初のバッテリーが尽きた。やはり冷え込みのために消費が早いようだ。次に、LPS-P2フィルターを装着してISOは1250とし、同じく80秒露光で26コマを撮影して、バッテリー交換となった。最後は、LPS-V4フィルターを装着して、ISOを1600に設定して80秒露光で27コマを撮影したところで、3つ目のバッテリーが切れた。いずれのフィルターでも、対象のバラ星雲から少し離れた場所で、フラット補正用の撮影も行った。4時間あまりをかけて、全部で76コマ(累積の露光時間は約100分)を気温氷点下8度の寒風の下で手動ガイドし続けた。撮影直後の確認で削除したコマも多かったので、実際には100コマ以上を撮影した。

撮影してきたフラット補正用のコマから星を消去したものを使って、各コマのカブリ補正をまず行った上でコンポジット処理した。そして、最終的に3条件の撮影を全てコンポジットして、通常の方法の増感処理と、似非星マスク処理を行った上での増感処理を行い、両者をブレンドした。最終的にはHDR処理も追加して完成とした。風の影響で追尾エラーが目立つのが残念だが、2012年の集大成の画像ということになる ♪  ♪  ♪

b0167343_127341.jpg
(クリックすると、少し大きくなります)
追記
青ハロを抑制するとともに、圧縮されていた階調に奥行きを持たせ、青雲の色も少し明るくしてみました。
b0167343_0193454.jpg
(クリックすると、少し大きくなります)

最初の2年程は訪れる人も稀だったこのブログも、今ではたくさんの方々に見て頂けるようになりました。嬉しいことに、コンデジのコリメート法による星雲・星団の撮影に興味を持つ仲間が確実に増えてきています。そして、みなさまのコメントに励まされて、ワクワクと楽しく色々と工夫しながら2012年を過ごすことができました。ありがとうございました!

2013年も、どうぞよろしくお願いいたします!!

[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2012-12-31 00:01 | 手持ち撮影にこだわる訳