NGC4565銀河 2013

前回のBode銀河を撮影した夜は、引き続いてNGC4565にNikon 8cmを向けた。本当なら、極軸合わせが良好だったので、課題としていた2分超えの露光時間をかけたかった。しかし、高度が微妙で手動追尾の体勢が苦しく追尾エラーが頻発したので、止むなく80秒露光でスタートした。また山向こうのスキー場の明かりの影響だろうか、空が明るいのでLPS-P2フィルターを使ってのコリメート撮影とした。フィルター使用による画像の劣化を補うため40コマを撮影したのだが、コンポジットして画像処理をしてみると・・・
b0167343_13394775.jpg
コマ数を稼いだ割には画質が荒く色彩に乏しい。

時間とともに次第に高度が上がってきたので、フィルターなしとして数コマ撮影しているうちに、スキー場の明かりが消えたようで、空も暗くなった。また、体勢的にも追尾が多少は楽になったので、途中から露光時間を101秒にして撮影した。薄明開始までにフィルターなしで撮影した24コマを、コンポジットして画像処理をしてみると・・・
b0167343_13401337.jpg
こちらの方がコマ数が圧倒的に少なかったにもかかわらず、画質も良好で銀河の色調も出ている。

LPS-P2での画質が期待外れだったので、両者を1:3の割合でブレンドして強調処理した上で、無理に片カブリを補正せずに中心部分だけトリミングして仕上げとした。
b0167343_13464753.jpg
(クリックすると少し大きくなります)
2013年1月新月期 AM 2:22 - 5:22 山梨県笛吹市
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
LPS-P2 filter (露光時間80秒; ISO 1000) x 40コマ + No filter (露光時間80秒; ISO 640) x 12コマ積算 + No filter (露光時間101秒; ISO 500) x 12コマ  積算露光時間 90分 
Photoshop Elementsを用いてダーク減算+コンポジット+フラット補正+簡易星マスク+HDR処理


LPS-P2の画像は、Bode銀河の場合だとM82の赤いガスの描出に貢献してくれたが、今回のNGC4565ではほとんどメリットがなかったかも知れない。あったとすれば、星像が若干シャープになった程度だろうか。いずれにしても、この画像を見る限り、銀河を横切る暗黒帯の詳しい構造をあぶり出すには、さすがにNikon 8cmに手動追尾の組み合わせでは難しそうだ。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2013-02-28 01:39 | 星雲