メシエ天体制服へカウントダウン(M99)

M99は、しし座のデネボラから比較的近く、既に昨シーズンに撮影を済ませた紡錘形のM98と5等星を挟んで差し向かいにあるので、去年はM98と一緒に撮影しようとしたが視野の外だった。そんな訳で、比較的導入しやすいことから次の対象として選んだ。今回も針のような特徴的なM98を視野に入れるのは簡単で、そこからなんとかたどって導入に成功した。眼視では、渦巻き構造までは確認できなかった。

今回も40秒露光から始めたが50秒露光は経ずに64秒露光まで延ばし、最終的には128秒露光でも2コマを撮影した。
b0167343_13351868.jpg
(画像をクリックすると少し大きくなります)
2013年2月新月期 2:39 - 4:11 山梨県笛吹市
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間40秒; ISO 2000) x 8コマ + (露光時間64秒; ISO 1000) x 8コマ + (露光時間80秒; ISO 800) x 12コマ + (露光時間101秒; ISO 640) x 2コマ + (露光時間128秒; ISO 500) x 2コマ 全32コマ積算露光時間 30分 
オート・ダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク+HDR処理


前回のM61よりも追尾が良好で、ザリガニの姿を想像させられるような腕が判別できる。銀河らしい色調も少し乗ったようだ。

(撮影したメシエ天体 通算101/107個)
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2013-04-18 23:26 | 星雲