メシエ天体制服へカウントダウン(M49)

M46星団やM101銀河に逃避しているうちに、しし座は天頂まで上った。そろそろ宿題に取りかからねば・・・。でも残した課題は導入からして難しいものばかり。真上を向いた望遠鏡の下に潜り込むようにして手導入を試みるが、思うようにいかない。星図を何度も見返しているうちに、残りは本丸ばかりだと思っていたのが、外堀とでも言うべきM49銀河がまだ残っていたことに気付いた。

M49なら近くにファインダーでも見える明るさの目印となる恒星がいくつかあって、しかも周囲に紛らわしい銀河もないので、それまで狙っていたM91やM88よりも随分と探しやすそうだ。実際に、ほどなくNikon 8cmの視野の中に導入することができた。ヤレヤレと背筋を伸ばすと、早速に手動ガイドによるコリメート撮影を始めた。典型的な楕円銀河ということで、露光時間は短めでコマ数を稼いでお茶を濁した。

b0167343_1784541.jpg
2013年2月新月期 3:41 - 4:53 山梨県笛吹市
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間32秒; ISO 2000) x 4コマ + (露光時間40秒; ISO 1000-1650) x 12コマ + (露光時間50秒; ISO 800) x 8コマ + (露光時間64秒; ISO 500-640) x 8コマ + (露光時間80秒; ISO 500) x 4コマ 全36コマ積算露光時間 32分 
オート・ダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク+HDR処理


予想通り単調な姿だが、同一視野にパッと見て銀河とわかる小さな光芒が少なくとも5つ確認できたのが救い・・・。

(撮影したメシエ天体 通算103/107個)
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2013-04-30 01:02 | 星雲