コリメート撮影によるパンスターズ彗星

明け方前の空に高度を上げてきたパンスターズ彗星をミニ・ボーグのコリメート撮影で写そうと、仮眠をとって夜半過ぎに富士見高原に出掛けた。

パンスターズ彗星は、午前3時ごろには八ヶ岳の上に姿を見せるハズだった。確かに双眼鏡では存在が早々と確認できたが、林の梢からなかなか彗星が離れない。結局、撮影開始は午前3時半を過ぎてしまった。
b0167343_033445.jpg
2013年4月16日 3:39-4:06 富士見高原スキー場
ミニ・ボーグ 5cm (f 250mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間32秒; ISO 1000-3200) x 36コマ 積算露光時間 19分 
オート・ダーク減算 + Photoshop Elementsを用いて、恒星に合わせて9コマずつコンポジットし処理した4画像を、さらに彗星に合わせてコンポジット処理


この夜は透明度が低くて、尾の淡い部分は背景に埋もれてしまったようだ。ただ、結果としては、倍率的にも双眼鏡で見た感じに近い写り方になった。

薄明開始時刻が迫っていて、ついつい露光時間を32秒に設定してしまったのだが、せめて1分からスタートして段階的に露光時間を落としていけば、もう少し淡い部分まで写し出せたかも知れない。

追記
この夜、空の透明度がかなり低かったことは、「やまねももんがさん」の記事の写真によく出ているが、この厳しい条件でも、「もやまねももんがさん」は彗星の淡い部分までしっかりと写されていた
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2013-04-17 00:51 | 彗星