M8干潟星雲 2013

梅雨が明けて厳しい暑さが続いているものの、夜には雲が出て星が十分に見られないまま、7月の新月期も終わってしまった。振り返ると去年の夏も同じような天候で、結局は8月中旬になってようやく星空が時々拝めるようになっていた。

そうなると、夏の星雲星団を撮影するなら5月までの薄明前が勝負ってことになるが、今年はメシエ天体完走を目指していたので、十分に撮影することができなかった・・・。
b0167343_2117279.jpg
2013年5月13日 1:13 - 2:57 八ヶ岳山麓原村まるやち湖畔
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間40秒; ISO 2500-1000) x 26コマ + (露光時間64秒; ISO 1000-640) x 16コマ 全42コマ積算露光時間 34分 
オート・ダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク


これは5月半ばに原村で「やまねももんが」さんと遭遇した晩に撮影したM8干潟星雲。途中で雲が出たりしたが何とかコマ数を確保することができた。

昨年は、眼視で確認できる明るい部分を構図の中央に置いて失敗したので、今回は試写しながら慎重に構図を決めた。露光時間など少し条件が異なるけど、昨年の星雲がピンク色だったのに今回はややオレンジ色を帯びたように写っているのはなぜなのだろう。

世間のM8の画像に比べるとコントラストが効いていて雰囲気がちょっと異なるけど、望遠鏡で実際に覗いたイメージに近い感じがするのは、コリメート撮影だから当たり前か。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2013-07-15 01:11 | 星雲