IC1318星雲 2013

アイソン彗星の末路に肩を落としつつ、夏に撮影した赤い星雲シリーズ・・・

カシオペヤのNGC281を撮影し終えて、次にNikon 8cmを向けたのは、はくちょう座のサドルの近くに広がるIC1318星雲。北アメリカ星雲と迷ったが、どうにか視野内に収まるということで選んだ。

b0167343_0284638.jpg
2013年8月15日 2:20 - 3:33 八ヶ岳山麓野辺山高原
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間32秒; ISO 3200) x 8コマ + (露光時間40秒; ISO 3200) x 8コマ+ (露光時間50秒; ISO 3200-2500) x 8コマ+ (露光時間64秒; ISO 2500-2000) x 14コマ+ (露光時間80秒; ISO 2000) x 4コマ+ (露光時間101秒; ISO 1600-1250) x 4コマ 全46コマ積算露光時間 43分 
ダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク+HDR処理


割と濃淡に乏しい単調な仕上がりになってしまった。また、星雲が視野内いっぱいに広がっているため、フラット補正用の星なし画像を作るのが非常に難しく、周辺部分の処理がうまくいっていない。それでも、不思議な妖しい雰囲気のある星雲の魅力を、ある程度は引き出すことができた。

b0167343_22554399.jpg
2013年8月15日 1:15-1:21 八ヶ岳野辺山高原
Canon S90 ISO 3200 15sec固定撮影(オートダーク減算) x 10コマ
星に合わせてコンポジット処理+星マスクによる強調処理+簡易フラット補正+HDR処理
前景の樹影は、前景に合わせて5コマをコンポジットした画面をハメコミ合成

[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2013-11-30 06:46 | 星雲