M42オリオン星雲 2013

9月11日の晩は25時過ぎに一気に空が晴れて、星空が広がった。機材をセッティングしながら、まずは固定撮影で星空をコンデジにおさめた。
b0167343_1547286.jpg
2013年9月12日 1:18 - 1:23 富士山北麓 育樹記念公園
Canon PowerShot S95 固定撮影
No filter (露光時間15秒; ISO 1600) x 10コマ  
オート・ダーク減算 + Photoshop Elementsを用いて星に合わせてコンポジット+フラット補正+HDR処理+前景をはめ込み合成


この直後に西から雲が広がって、それからは星空が雲間から見えたり見えなかったりの繰り返しだった。ようやく、午前2時過ぎから雲が少なくなってきたので、他に撮影したい対象がたくさんあったのだが、オリオン星雲に望遠鏡を向け撮影を始めた。

その後も時々雲に覆い隠されたりしたが、30分程で安定した空になった。そこから薄明開始までの間、神経を指先に集中させ手動ガイドによる撮影を繰り返した。明るくて色彩豊かな対象なので、コンデジのバックモニターに現れる画像を見る度に、幸せな気持ちになる。

ただ、気流も荒れていないし、ピント合わせも十分で追尾の精度も悪くないハズなのに、星がやや肥大して写る。撮影中には原因がよくわからなっかたのだが、撤収する時に三脚の固定ネジが締めてなかったことに気がついた。

b0167343_1357513.jpg
2013年9月12日 2:46 - 4:20 富士山北麓 育樹記念公園
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間32秒; ISO 3200-800) x 26コマ + (露光時間40秒; ISO 3200-2500) x 12コマ+ (露光時間50秒; ISO 3200) x 4コマ+ (露光時間64秒; ISO 3200-800) x 14コマ 全56コマ積算露光時間 40分 
オート・ダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク+HDR処理


明け方までの残り時間が少なかったのと、極軸合わせがやや不良だったため、比較的短い露光時間の撮影とせざるを得ず、その分だけISOを高く設定することになった。そこで、強調処理やフラット補正、HDR処理は全て軽く行うにとどめておいた。昨年の撮影は、年末年始に覚えたてのHDR処理を効かせてコテコテにしたのだが、この位の方が自然な感じかな。

この1枚で9月も何とか足跡を残す事ができた。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2013-09-24 00:59 | 星雲