M51子持ち銀河 2014

M51は、本体の渦巻きの細かい金属的な構造と、伴星雲周辺の淡く柔らかな濃淡の対比が面白い対象だ。そのため、精度の高い追尾が求められる一方で、十分な露光時間も欲しい。ところが、この夜の極軸合わせはあまり芳しくなかった。そこで、短い露光時間でコマ数を稼ぐとともに、星雲周辺の淡い部分を出すため、ある程度は露光時間の長いコマも入れることにした。できれば100秒以上の露光時間のコマも入れたかったが、薄明が近づくなかでバッテリーが尽きてしまった。

b0167343_1101657.jpg
2013年12月新月期 2:43 - 5:17 八ヶ岳山麓清里高原
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間40秒; ISO 3200-1600) x 38コマ + (露光時間50秒; ISO 2000) x 5コマ+ (露光時間64秒; ISO 2000-1250) x 11コマ + (露光時間80秒; ISO 1250-640) x 10コマ  全64コマ積算露光時間 54分 
オートダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク + HDR補正


結果的に、昨年の5月に撮影した時とだいたい同じ露光時間の構成になったが、今回の方がコマ数が多くトータルの露光時間もその分だけ長くなった。露光時間の違い以上に良くなった要因は、やはり新調した天頂ミラーの効果だろう。カタツムリのツノのような伴星雲の淡い部分も写っている。
b0167343_18548.jpg

解像度はそろそろ限界に近づいていると思うけど、コマ毎の露光時間を延ばして撮影すれば、腕の部分の淡い構造をもう少し出せるようになるかも知れない。

2年前にガイド望遠鏡を据えて手動追尾で初めて撮影した画像と比べてみると、ほぼ同じ光学系で撮影していることが信じられない気がする。画像処理の上達も大きいだろう。それにしても、以前に撮影した記事へのリンクを辿っていくと、なかなか面白い。4年前にここから始まったかと思うと、とても感慨深い。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2014-01-27 00:14 | 星雲