2014年 撮影初め

1月4日の晩に、みずがき湖に2014年最初の撮影に出かけました。現地に到着してみると、やまねももんがさんが既にいらしていました。お会いできそうな予感がピタリと当たり、とても爽快な気持ちになりました。

北風が少しありますが、空の透明度は良好です。組み上げたNikon 8cmでM42オリオン星雲を見てみると、鳥が羽を広げたような美しいベールだけでなく、トラペジウムの星たちもスッキリと見えて、透明度だけでなく気流も安定しているようです。やまねももんがさんには、M78星雲も一緒に見てもらいました。

さあ、2014年の最初の対象を何にしようかと迷っていると・・・「この透明度なら散光星雲でしょ!」と、やまねももんがさんから提案がありました。「それなら馬頭星雲にしようかなあ・・・」と迷っていると、「そう、今年は午年ですからね!」とフォローが入りました。なんだか、ストンと腑に落ちました。

早速に望遠鏡を向けてみると、なんとアルニタクの傍らに「燃える木」の存在が眼視でも確認できました!!気合いを入れて手動ガイドを始めてみると、どうも極軸合わせが良くないようです。しっかりと露光時間をかけたい対象ですから、妥協せずに振り出しに戻って機材を組み上げました。そんな訳で、撮影開始は日付が変わってからになってしまいました。

80秒から100秒、そして128秒へと露光時間を延ばしていきますが、次第に季節風が強くなってきて風で追尾エラーも目立つようになってきました。しかも、だんだんと高度が下がってくるとともに、道路沿いの街灯の影響も受けるようになってしまいました。そこで、途中からLPS-P2フィルターを付けましたが、間もなく近くの小山に隠されてしまいました。

b0167343_1333671.jpg
2014年1月5日 0:02 - 2:16 瑞牆山山麓みずがき湖畔
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間80秒; ISO 3200-1000) x 8コマ + (露光時間101秒; ISO 1000) x 2コマ + (露光時間128秒; ISO 1250-640) x 11コマ + LPS-P2 filter (露光時間125秒; ISO 2000-1000) x 12コマ   全33コマ積算露光時間 63分 
オートダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク + HDR補正


残念ながら昨年秋に撮影した馬頭星雲には、露光時間をかけた割には及びませんでしたが、とにかく縁起物!ですから良しとしましょう。

ちょうど撮影を終えたところで、やまねももんがさんが記念写真を撮って下さり、それから星雲・星団をいくつか一緒に観望して、やまねももんがさんは撤収されました。寒かったけれども、とても楽しい2014年のスタートになりました。

2013年の前半はメシエ天体制覇の呪縛で苦しみながらの撮影でしたが、2014年はじっくりと腰を据えて1つ1つの対象に向き合って行こうと思っています。今年も、よろしくお願いいたします!!
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2014-01-13 01:47 | 星雲