猫騒動

1メートル超えの豪雪から10日あまりが過ぎたが、まだまだ山間部の道路は雪に閉ざされている。せっかくの新月期だが、八ヶ岳山麓や富士山麓に夜に出かける勇気はない。しかし夜中も退屈することはない。それは付き合ってくれる仲間が出来たから・・・

11月中旬のある晩に家に帰ると新しいゲージがおかれて、その中に手のひらに乗るような子猫がいた。家内が、職場の駐車場に捨てられてピーピーと鳴いているのにいたたまれず、連れて帰って来たのだった。先住の猫は極めてデリケートな性格で折り合いが付くのか、それが心配だった。

あれから3ヶ月経って、心配した通り先住猫とは仲良くはなっていない。新入りはオス猫で動くものには見境なく飛びつくので、先住猫としょっちゅうトラブルになっている。それでも、先住猫は新入り猫の存在は受け入れてはいる様子。諦めたってところかも知れない。

先住猫にとって私の存在は家族内の序列でダントツの最下位。他に誰も家にいない時だけ、仕方なく私にエサをねだってくる。それだって可愛いのだが、夜中に一人起きているからといっても膝に乗ってくるようなことはない。そのツンツンしているところが猫の魅力だと思っていた。

ところが新入り猫は家族の誰彼に関係なく膝に乗り、遊んでくれ!エサをよこせ!と訴える。しかも、油断していると手や足を噛むので、私以外の家族の評判は芳しくない。しかし、先住猫からは冷ややかでか細い愛情しかもらえない私にとって、新入り猫は天使のようにも見える。

新入り猫は夜になると寒い小部屋に閉じ込められる。そうでもしないと先住猫のエサ鉢まで空にした上で台所のゴミ箱をひっくり返す。先住猫のトイレも汚すし、あげくの果てには人間のフトンの上にもお粗相する始末。

だから夜中に小部屋から外に出して一緒に遊ぶ私は、新入り猫にとって都合のよいヤツなんだろうと思う。でも、そのせいで先住猫からは以前にも増して疎まれるなってしまった気がする。

我が家に来て3日目の新入り猫
b0167343_153262.jpg

今では先住猫と同様にNikon 8cmの入った木箱が好きで、よく上で寝ている・・・このまま雪に閉ざされていると、今度は新入り猫が所有権を主張するかも・・・
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2014-02-27 01:22 | 月・星のある風景