M3球状星団 2014

今年の夏は天候が不順で、8月は全くコリメート撮影ができなかった。思えば、2月には2回の大雪があり特に2回目の大雪は1メートルを超える記録的な積雪で、空の暗い場所へは1ヶ月以上も近づくことができなかった。

春分の日を過ぎ雪がようやく溶けて最初に撮影したのが、このM3球状星団だった。久しぶりの撮影で、極軸合わせに手間取り、ピント合わせもなかなか確信が持てずに、随分とまごついてしまった。
b0167343_2131793.jpg
2014年3月新月期 21:42 - 23:41 富士山麓朝霧高原
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間64秒; ISO 1600-320) x 27コマ + (露光時間101秒; ISO 1000-640) x 12コマ  全39コマ積算露光時間 49分 オートダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク+HDR補正+101秒露光12コマの恒星像を合成

b0167343_1574365.jpg

星団の周辺部まで写すには露光をもう少しかける必要があったが、残念ながら極軸合わせが不十分でこれ以上に露光時間を延ばせなかった。それでも昨年よりは鮮明な画像になった。

半年近くが過ぎたが、久しぶりの撮影は楽しく心弾んだことを覚えている。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2014-09-06 16:23 | 星団