富士五湖からの富士と天の川-その2 精進湖

本栖湖から精進湖へは15分のドライブ。湖面を挟んだ正面に富士山が見える撮影ポイントに行った。風がなければ、湖面に富士山が映る場所でもある。本栖湖の撮影ポイントでは、後ろ側に山が迫っていたためか季節風はなかったのだが、精進湖では時々音をたてて北風が湖面に吹き込んできた。岸辺にボートがあって「絵になる」ポイントの近くには他の車が停まっていたので、東側にはずれた場所から撮影することにした。

構図決めのテスト撮影をしていると、季節風でカメラが揺れる。ちょっとイライラしているところへ、今度は別の車がヘッドライトで湖面を照らすように入ってきた。エンジンを切らずに停まったので、またヘッドライトを点すかもしれない。まいったなあ。しかし、テスト撮影を繰り返しながら構図を確認していると、幸い10分もしないで戻っていった。

一難去ったが、季節風はやや強弱はあるものの吹き付けている。そこで三脚は一番短くして、自分の体でカメラを覆い隠すようにして季節風から守りながら撮影を始めた。5分間とにかく車が来ないように祈った。途中で湖岸の道路を走って来る車が1台あったが、湖面までは入ってこなかった。撮影の後半は風も少し収まった。撮影を終えると車まで走って戻るが、湖岸の斜面を登る足がもつれてもどかしい。車を走らせるとハンドルを握りながら乱れた呼吸を整えた。時刻は2時40分を少しまわったところ。概ね予定通りだ。

出来上がった画像では、後半に風が収まったおかげで湖面にいくらか富士山の影が出ている。そうでなければ、相当に単調な前景になってしまうところだった。やはり、手前に岸なりボートなり何か入れた方がよかったが、仕方ない。本栖湖での撮影時に比べて天の川の高度が増したので、光害カブリの影響が少なくなっている。富士山から上の構図はイイ感じになった。

b0167343_0564726.jpg
2014年4月7日 2:33-38 富士山麓精進湖畔
Canon PowerShot S95(F 2.0) 固定撮影 
露光時間16秒( ISO 2500) x 10コマ
オート・ダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+簡易星マスク+簡易フラット補正 +コンポジットした前景を切り出して合成 +HDR処理


追記
元画像の光害カブリが緑色を帯びていて、うまく処理できなかったが、彩度を落として処理してみた。
b0167343_1730589.jpg

これで天の川のモクモクした感じが増したかなあ・・・
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2014-04-23 00:04 | 月・星のある風景