昇るスバル

今月はとうとうNikon 8cmでコリメート撮影が全く出来ずに終わりそうな気配・・・

b0167343_142860.jpg

2014年8月21日 1:26-1:30 八ヶ岳山麓野辺山高原
Canon PowerShot S95(F 2.0) 固定撮影 
露光時間16秒( ISO 2500) x 10コマ
オート・ダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+コンポジットした前景を切り出して合成 +HDR処理


八ヶ岳山麓で知人を星見に案内した。雲りだが日付が変わる前なら時々は雲間から星が見られるかも・・・という天気予報だった。そこでNikon 8cmの代わりにNinja 320を車に積んで出かけた。

22時前に現地に到着。幸い予報よりは晴れ間が多く、Ninja 320でM11、M13、M17、M22、M27、M57、M31、二重星団、アルビレオと有名どころを一通り楽しんだ。星雲星団を望遠鏡で見るのは初めてという人たちだったが、それなりに満足してもらえた。

観望の後は宿所に戻りおしゃべりをしていたら午前1時に。急いで家路につく。ところが天気予報に反して雲よりも星空の面積が大きい。途中、野辺山高原の農道に車を停めて東の空に昇ってきたスバルにコンデジを向けて固定撮影した。

低空の雲が山の遥か向うに広がる関東平野の街明かりで明るく照らされた上に、真っ暗な星空が広がる面白い景色だった。山の端の空が赤みを帯びているなあと思っていたら、最後のコマを撮影している頃に細い月が姿を現した。

この条件ならNikon 8cmも積んで行けば良かった・・・今思えば、この夜が8月の唯一のチャンスだった。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2014-08-28 01:25 | 月・星のある風景