モザイク合成処理もどき

Nikon 8cmと30mm接眼レンズの組み合わせでコリメート撮影しているので、見かけが大きな対象は視野からハミ出してしまう。だから秋の王者であるM31アンドロメダ銀河は中心部分しか写せない。全体像を写すには、焦点距離の長い接眼レンズが必要になるが、30mmより焦点距離の長いレンズは基本的に2インチ・サイズであり、現在の光学系には合わない。

すっかり諦めていたところ、いつもコメントを下さるKameさんが0.5倍レデューサーレンズの使用を提案して下さり、未使用品を譲って下さった。しかし、手持ちの光学系そのままだとレデューサーレンズを装着して差し込み部分が長くなった接眼レンズは、天頂ミラーの差し込み口からハミ出してしまった。そのまま固定して空に向けてみたが残念ながら合焦せず、何か工夫が必要と判明した次第。こちらは課題として取り組みたい。

そうなると現有戦力に残された道はモザイク合成処理ということになる・・・・9月の新月期が近づいてきても不安定な天気が続くなか、北側の県境付近なら夜半過ぎに晴天の帯に入りそうな予報が出たので、少々寝不足気味ながら車に機材を積み込んで家を出た。予報から言えば長野県側まで入ったほうが確率は高そうだったが、空を見上げると予報より晴天の帯は南下している感じだ。そこで、瑞牆山山麓を目指すことにした。

みずがき湖でも十分に晴れの帯に入るはずと思っていたが、到着してみると北西方向にわずかに星が見えるだけだった。アレっ!予報より厳しいかな?と不安を感じつつも、時間とともに回復すると信じて瑞牆山の麓に向かった。目的地に着くと、ちょうど北西側半分が晴れている。盆地方面が曇っているので、街明かりが雲に遮られて見えている星空はいい感じ。他に誰もいないのは予想外だったが望遠鏡を組み上げた。

日付が変わると月が昇ってくるので、天頂にあるM31を最初からテスト撮影のつもりでNikon 8cmの鏡筒の下に潜り込むようにして導くと、32秒露光でコリメート撮影を始めた。星雲を中心にして9分割するイメージで各分画を5コマずつ撮影する算段でいた。ところが、ちょうど撮影地の上が晴天帯の境目にあたるようで、天頂方向が曇ったり晴れたりを繰り返していている。そのため、しばしば撮影の中断を余儀なくされた。

晴れ待ちの間に消耗したコンデジのバッテリーが、予定のコマを全部撮影する前に尽きてしまった。時刻は午前3時半。予定通りなら家に戻っている時間だった。少しでも早く家に戻って睡眠時間を確保したいと思い瑞牆山周辺を選んだのだが、県境を越えて八ヶ岳高原まで行っていたら雲に阻まれることなく予定のコマを撮影することができて、かえって早く帰宅できたことになる・・・。

さて画像処理であるが、Photoshop ElementsにはPhotomerge機能があるので、それを使ってモザイク合成するつもりでいた。ところが、色々と試してみたが機能しなかった。やはり、レンズ収差による歪みがネックになっているようだ。そこで6コマを使って力ずくで自力合成を試みた。コマ同士が重なる部分は収差で星像がズレてしまうため、小さな区画に分けて貼り合わせて誤摩化した。そんな画像なので、大幅に縮小してアップする。

b0167343_17292639.jpg


各分画にコンポジットした画像を使った上で、周辺減光やカブリの補正も丁寧にすれば、もう少しマシな画像に仕上がるのかも知れないが、色々と試行錯誤した面はあったにしても、このお試しモザイク合成だけで数時間を要した。予定コマ数が撮影できずに銀河の全貌を捉えることが出来ていないこともあって気合いが入らず、お試し画像処理の段階で力尽きてしまった・・・
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2014-09-21 17:54 | 星雲