M42オリオン星雲 2014

冬の王者の勇姿を今シーズンも早々に撮影したら、今までで一番の仕上がりになったのでアップ。

詳細は、また後日に改めて。

b0167343_14521961.jpg
2014年9月新月期 3:03 - 4:36 八ヶ岳山麓八ヶ岳高原
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間32秒; ISO 3200-640) x 26コマ + (露光時間64秒; ISO 3200) x 5コマ + (露光時間80秒; ISO 3200-640) x 16コマ  全47コマ積算露光時間 41分 オートダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+恒星は30コマ合成像 中心部約80%をトリミング


この夜は、天頂にある目的の天体を望遠鏡に導こうとしたらカイロを装着していたにもかかわらずレンズが結露にやられてしまった。豆ドラでレンズを乾かしたり、タオルで鏡筒を拭いたりしているうちに時計の針はみるみる進み、なんとかリカバリーできたのは午前3時前。お目当ての対象は淡く、薄明までの1時間ちょっとではとてもモノにはできない。そこで急遽Nikon 8cmを向けたのが、明るいM42オリオン星雲だった。

薄明までの残り時間を有効に使うため、薄明が始まるまでは80秒露光で周辺部の淡い部分まで捉えることにして、薄明開始時刻からは32秒露光にして段階的にISOを下げながら星雲の中心部分を撮影することにした。そして、星像はよりシャープに写った32秒露光のコマを活かすことにした。

全コマをコンポジットした画像で輝星をレタッチで消したところで、32秒露光で撮影したコマだけコンポジットした画像を比較明合成すると、星像だけが32秒露光で撮影したコマに入れ替わった画像が出来る。ただ、この合成画像の星像はやや不自然になるので、元のコンポジット画像と適当な割合でブレンドした。また、星雲の中心部分も32秒露光のコマから切り出してブレンド合成した。

空の透明度やコマ数、積算露光時間は昨年末の撮影に及ばないのだが、星像がシャープになったのとISOを高めに設定したせいか周辺部の淡い部分が比較的よく写ったのとで、個人的にはこちらの方がよい感じに仕上ったと思っている。

同じ手法で、もう少し積算の露光時間を延ばせるように、また挑戦してみたいと思う。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2014-10-03 00:27 | 星雲