久しぶりの独り夜遊び

昨晩は雨が上がりで大気中の塵が減って、春とは思えないような透明度の高い空になった。しかし、暖かさは春そのもの。こんなお天気は絶対に長持ちしないとは思ったが、GPV予報は意外と悪くない。そこで機材を車に積んで、このところ賑やかなみずがき湖へと向かった。

現地に到着し駐車場に入るところで車のライトをスモールランプにして奥に進むと、様子がおかしい。なんと満天の星空の下、車が一台も停まっていない・・・。あれ、やまねももんがさんは、どうしちゃったのだろうか・・・。新月期にここで独りぼっちというのは久しぶりのことだ。

厚着はしてきたものの手袋も帽子も不要な快適な気温。雨上がりで地面は濡れているが、心地よいと言っていいような微風があって、機材への結露はたいしたことはない。こんな好条件が長続きするだろうかと疑心暗鬼でコリメート撮影していたが、午前2時を過ぎて夏の銀河が東の山の上に姿を見せ始めた頃に、案の定西から雲が広がってきた。

やっぱりなあ・・・と、いつになく諦めよく機材を撤収し、さて帰ろうかと思ったところ再び晴れて見事な星空になった。今さら望遠鏡を出すのもどうかと思案して、やまねももんがさんよろしくコンデジを三脚につけ敷地内をあちこち歩き回ってみた。よく整備された遊歩道を東へ向かってしばらく歩くと、やまねももんがさんの星景写真で見慣れた世界になった。

さそり座を背景に女神像がポーズをとるのに、本来ならカメラに収めるべき巨匠が今夜はいない。そこで、僭越ながらコンデジを女神像に向けてみた。試し撮りで、あまりに前景が真っ黒だったので、今夜は自分だけしかいないということで10コマ連続撮影したうちの3コマは女神像にライトを当てて撮影してみた。

景色にあわせたコンポジットと星に合わせたコンポジットを合成した画像がこちら。
b0167343_1372090.jpg

星空については画像処理はほとんど施してはいないのに、この写り。透明度が高かったことがうかがえる。しかし、この星空も長続きせず、独り夜遊びはお開きとなった。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2015-03-21 01:47 | 月・星のある風景