カテゴリ:未分類( 37 )

富士には天の川がよく似合ふ・・・

昨年の春に、天の川を背景にした富士山の写真を撮影して以来、密かに?!練っていた企画があった・・・

・・・同一夜に富士五湖のすべてから富士山と天の川をコンデジで撮影する・・・

・・・しかし、地図を眺めれば実現は極めて困難だということに気がつく。というのも、山中湖だけが他の4つの湖から随分と離れて東側に位置しているのだ。山中湖から富士山と天の川を同一構図に入れるのには、よほどの広角レンズを使用しない限り、天の川が南中してから撮影する必要がある。その一方で、本栖湖や精進湖は西寄りにあるため、天の川が余り高く昇ってしまうと、コンデジの写野には収まらなくなってしまう。
b0167343_0562373.png
(Google Mapから)

気象条件から考えれば、なんと言っても春に冬型の天候となった透明度の高い条件の晩が狙い目。ちょうど街明かりの影響の少ない明け方前に天の川が高度をあげていく。ただし、そのタイミングだと山中湖から富士山と天の川を撮影できるようになる前に夜が明けてしまう。だが、山中湖からの撮影を諦めてしまえば、西から本栖湖、精進湖、西湖、河口湖の順に撮影していくと、ちょうど天の川が高度を上げるのと平行して富士山の西側から南側に回り込んでいくので構図的にも良い。

週末は、朝焼けの逆さ富士を狙う富士山写真の愛好家と場所取りで交錯する可能性がある。しかも、湖の周回道路で深夜のドライブを楽しもう?という自動車も多いかも知れない。そんなことも考えると、平日の晩ないし日曜日の晩が理想的ということになる。あとは、こっちの都合と月齢・お天気のタイミング次第だ・・・

・・・そしてチャンス到来。満開の桜がカゼをひきそうな厳しい冷え込みが戻った4月6日の晩に仮眠をとると、寒さと気合いで身震いしながら峠を越えた。透明度はマズマズで、季節風も次第に弱まっている。氷点下5度にまで冷え込むなか、撮影しては汗をかきながら車に走り込み次の湖に向かうということを繰り返した。そして、多少のトラブルに遭遇したものの、なんとか満願成就することができた。
b0167343_1273194.jpg

こらから個々の写真をしっかりと画像処理して、順次アップしていきたい。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2014-04-14 01:49

星空パネル 春編

最後は春篇。
2年前の春のパネルはこちら

b0167343_23593135.jpg


今回のパネルには、M13M51M65/M66M104を採用して頂いた。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2013-06-30 00:59

星空パネル 冬編

続いて冬篇。
2年前の冬のパネルはこちら

b0167343_2358654.jpg


今回のパネルには、M1かに星雲馬頭星雲M42オリオン星雲M45スバル星団を採用して頂いた。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2013-06-28 00:57

星空パネル 秋編

続いて秋篇。
2年前の秋のパネルはこちら

b0167343_23565112.jpg


今回のパネルには、二重星団らせん星雲M31アンドロメダ銀河M33銀河を採用して頂いた。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2013-06-26 00:56

星空パネル 夏編

コンデジのコリメート撮影による星雲・星団を展示パネルに使わせて欲しい、というビックリのお話を移動プラネタリウムを中心に活動されているウィルシステムデザイン社から頂いたのは、今から2年前の東日本大震災の直前だった。当時は、手持ち撮影から一歩前に進んでアダプターリングを導入したものの、まだ追尾はせずに撮影していた。今から見れば拙い写真ではあったが、春夏秋冬について各4つの天体の写真を載せていただくことができた。

そして、今回2年を経てパネルを更新されるということで、改めて星雲・星団の写真を載せていただけることになった。もちろん今回は、手動追尾で撮影した上でフラット補正を施した画像を使っていただいた。

まずは、夏の星雲・星団。
2年前の夏のパネルはこちら
b0167343_23553053.jpg

今回のパネルには、M8M17M20M27を採用して頂いた。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2013-06-24 00:54

八ヶ岳と星空

先日に八ヶ岳山麓までパンスターズ彗星を撮影に行った折に、少し早めに着いたので寄り道をしてみた。行った先は、野辺山高原の平沢峠駐車場。真西に八ヶ岳連峰が見渡せる眺望満点の場所だ。ただし、夜間は霧が非常に出やすい場所で、比較的お天気が安定する冬は真正面のスキー場の照明が煌々と被って星空が台無しになってしまう。

この夜はスキー場がやっと閉鎖され、下弦過ぎの月が昇って八ヶ岳がほんのりと照らされていた。日中に降った雨は標高の高い場所では雪だったようで、月明かりに雪を戴いた神々しい山容が浮かび上がっていた。そこでNikon 8cmにコンデジを同架して八ヶ岳に沈む星を手動ガイド撮影してみた。

20秒露光で撮影した8コマを直接コンポジット処理すると、星は点像になるものの地上の景色が流れた画像になってしまう。
b0167343_1165727.jpg

一方、地上の景色に合わせてコンポジット処理すると、当然ながら星が流れた画像になってしまう。
b0167343_1172523.jpg

かと言って1枚撮りではコンデジの画質の粗さが目立ってしまって、作品にはならない。そこで、上の画像で目立つ八ヶ岳の向こう側の街明かりの影響を、画像から星を消したものを使って減算処理して簡易フラット補正を施しておき、下の画像から地上の景色を切り出して合成してみると・・・
b0167343_1340100.jpg

(画像をクリックすると少し大きくなります)
2013年4月4日 2:06-09 八ヶ岳山麓野辺山高原平沢峠
Nikon 8cmにCanon PowerShot S95(F 2.0)を同架して手動ガイド撮影  
露光時間20秒( ISO 1250) x 8コマ
オート・ダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+簡易星マスク+簡易フラット補正+HDR処理 +コンポジットした前景を切り出して合成


インチキ画像と言われればそれまでだが、コンデジの欠点を補う楽しみ方としては、これもありだと思いたい。作品として見ると、沈もうとする「しし座」の鼻先が写っているだけの地味な星空なのが残念だが、この場所は別名「獅子岩」というオチはつく。ちなみに、問題のスキー場が八ヶ岳の中腹に白く写っていて、山向こうの入笠山にあるスキー場の照明が左側の空をグリーンに染めている。

この入笠山のスキー場も今週末で営業が終了するので、ようやく八ヶ岳山麓に星空が戻ってくることになる。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2013-04-07 02:30

気分転換・・・

開設以来「恍惚ネコ」のスキンにしてきたけど・・・
b0167343_11485539.png

・・・今回初めて変更してみた。


オジさんのブログとしては乙女的なので少々抵抗感はあるのだが・・・
実生活ではできない冒険!?をちょっぴり味わうということで・・・。

それに星座と地上の風景のカンケイが許せないのではあるが・・・
そこは、まあメルヘンの世界ということで・・・。

実際のところ、こちらの方が背景が暗いので天体写真には向いているかと・・・
そう、それだけの理由・・・。

イヤイヤ、変化を求める潜在意識の表れかも・・・。

・・・皆様の憶測を封じるため、今回のコメント欄は不可となっております。

[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2012-09-18 23:59

無題

この週末前までは、あまり感じなかったのだけれども、今夜になったら急につらくなってきた。雨音を聞きながら、たとえ晴れたとしてもここから2週間は月明かりがあることを思ったら、耐えられない気がしてきた。

b0167343_23362987.jpg静かに星空を見上げてみたい。
日常の全てを忘れて、ただただ微動装置を握りしめ、ひたすらガイド星を追う事に没頭したい。

この画像は5月末に撮影したもの。

山で夜風に吹かれながら天の川を見上げてから、もう1ヶ月以上が過ぎた。
あれは現実逃避なんかじゃあなくて、毎日を元気に前向きに過ごす原動力だったんだ!と実感。

ネオンなんかじゃあ全然癒されないからなあ・・・。
代りになるものはないものなあ・・・。

美女の瞳の奥に密やかに輝く星なら少しは癒されるかなあ・・・と変な想像をしていたら、思いついた。

そうだネコに遊んでもらおっと。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2012-07-01 23:53

熊に注意!?

富士北麓で訪れる人が比較的多い観望地に、鳴沢村の育樹祭記念公園がある。その手前の富士北麓公園で、クマが目撃されたという小さなニュースを新聞の地域記事で読んだ。

以下に朝日新聞の記事を引用する。
『14日午前9時50分ごろ、富士吉田市上吉田の富士北麓公園南側の道路で、 「クマを目撃した」と、ジョギングをしていた男性から市に通報があった。 連絡を受けて周囲を巡回していた地元の猟友会のメンバーが午後3時ごろ、 目撃現場近くの遊歩道で、親グマと子グマ2頭を発見し、そのうち子グマ1頭を射殺した。 市によると、射殺したクマは体長60センチほど。12日~14日朝に、 現場付近で計3回目撃情報のあったクマとは「別の可能性が高い」という。 市は、防災無線で注意を呼びかけたり、 地元の猟友会に「射殺許可」を出したりするなど対策に乗り出していた。 現場付近が市民の散歩道であり、富士山への登山客が通る可能性もあることから、 市は14日までに注意を呼びかける看板約10基を設置。捕獲用のおりも二つ仕掛けた。』

こちらはネットで探した読売新聞の記事
『富士吉田市上吉田の富士北ろく公園付近で14日午前、クマの目撃情報があった。 地元猟友会が捜索していたところ、午後3時ごろ、同公園から数百メートル南側の山林で親子連れのクマ3頭を発見、うち1頭を射殺した。射殺したのは体長約60センチのツキノワグマの子どもで、ほかの2頭は逃げた。市は、付近に近寄らないよう引き続き注意を呼びかけている。 発見現場は、同公園と中の茶屋を結ぶ遊歩道から約20メートル山林に入った場所で、東富士五湖道路より南の富士山側。市内では12、13の両日、富士吉田市外二ヶ村恩賜県有財産保護組合(吉田恩組)役場や富士パインズパーク付近で、1頭で行動しているクマの目撃情報があった。いずれも東富士五湖道路 より北側で、このクマは、14日に見つかった親子連れとは別の個体である可能性が高いという。』

ということで、目撃情報は育樹祭記念公園から北東側に離れた場所で、もっと人里に近いあたりになる。

ところで、クマは日中に行動するイメージであるが、野獣である以上は夜行性ということはないのだろうか?もっとも、暗闇で活動する小動物を食する訳ではないのだから、夜行性ということはなさそうだ。それであれば、星を観望している最中にクマに襲われる心配はないだろう。ただ、ネットで検索してみると、クマも人里に下りる時は夜行性になるという記述も見つかった。畑の作物を狙う時は暗いうちに行動するとは、クマもなかなか抜け目ない。

山間の観望地では、ここに限らず『クマに注意』の看板を目にする機会も多いので一応の覚悟はあるのだが、じゃあ実際に出会ったらどうしたものだろうか。

なお、こうしてアップしたのは、育樹祭記念公園の星空を独り占めしようという意図ではないので悪しからず。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2012-06-03 00:47

久々のNikon 8cm登場(M78星雲)

せっかくの新月期を出張のためにこのまま逃すのは何とも悔しいと、11月29日の晩は夜なべ仕事を終え日付が変わってから、冬の間の観望地探しを兼ねて八ヶ岳山麓へ出掛けた。以前から候補地として考えていた場所に出掛けてみたところ、この夜は寒気が後退して妙に暖かだったためにほぼ無風で、一番懸念される季節風の影響が確認できなかった。しかもスキー場の人工降雪機も止まっていて、その照明の影響も確認出来ずじまい。まあ考えようによってはラッキーだったのだが、観望地探しの課題は持ち越しとなった。

しかも北東側が曇っていて北極星が見え隠れしている。北極星が顔を見せた瞬間を狙ってササッと赤道儀の向きを合わせたのだが、これが意外とドンピシャだった。それならばと、久しぶりに8cm本体でのコリメート撮影に挑戦することにした。頭の中にはBode銀河が対象としてあったのだが、雲に隠れてしまっていたので、一番空が安定している南天のM78星雲に望遠鏡を向けてみた。

眼視で確認して30mm接眼レンズにコンデジをつないでセットアップし、まずは64秒露光で手動ガイドしてみたところ、ガイド星は視野の中心からほとんど外れなかった。適当にやった割には極軸合わせはバッチリだったようだ。そこで80秒からさらには128秒まで露光時間を延ばしてみたが、手動追尾に伴うエラー以上の星のズレはなかった。ただ、肉眼ではなんとか冬の銀河が見えてはいたのだが、どうも暖かだった分だけ上空の水蒸気が多かったようで、ISOを相当に下げていっても背景の空が黒くならなかった。

最終的には、64秒露光でISOが1600から800までの17コマ、80秒露光でISOが640の5コマ、128秒露光でISOが800から500の8コマの、合計30コマ(単純合算で累積露光時間は40分強ということになる)をコンポジット処理したのだが、背景が白っぽいために画像処理で星雲の淡い部分との折り合いがつけられず透明感に乏しい画像になってしまった。

b0167343_1444879.jpg
それでもM78本体と暗黒帯をはさんで流れるガス星雲の濃淡もかなり良く写っているし、ISOを落とした分だけ画質も良好だ。手動ガイドのエラーで星が若干は流れているが、星雲のかなり微細な部分まで写っている。ミニ・ボーグでの撮影はお手軽ではあるのだが、長秒露光が可能になってみると解像度の面では8cmとは勝負にはならない。こんなに写るなら透明度の良い晩に再挑戦してみたいが、今度はM78本体を少し中心から外し気味して、暗黒帯の反対側の星雲も含めて中心部に来るような構図になるように注意したいと思う。

追伸
追尾エラーの比較的少なかった16コマを選んで、画像処理からやりなおしてみたので、改めてアップする。
b0167343_23254556.jpg

[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-12-04 01:47