コル・カロリ

「りょうけん座」は極めて馴染みが薄く目立たない星座なのだが、その主星であるコル・カロリは北斗七星の柄に並ぶ2.9等星で、春の星雲・星団を探す上での目印としてとても役立つ星だ。

銀河星雲のM63・M64・M65・M94・M106や、球状星団のM3・M53は、いずれもコル・カロリを目印に探していく。だから、コル・カロリは星雲・星団探しの交差点とでも呼ぶのが相応しい存在だと言える。

このコル・カロリは5等星の伴星を引き連れていて、小望遠鏡でも楽しめる代表的な二重星なのであるが、交差点として通り過ぎるばかりで、じっくりと眺めたことはなかった。そこで、3月19日の晩にNikon 8cmを向けてみた。

実は出張の合間に、型落ちのOr 18mmの接眼レンズを安く購入してきた。今までも18mmのレンズは持っていたが、のぞき口の形状でデジカメのレンズと光軸を合わせるのが難しかった。今回のレンズは頻用している25mm接眼レンズと同じ形状なので、撮影しやすいだろうと期待して購入してきたのだった。

b0167343_2218318.jpg二つの星の見かけの距離は約20秒。土星の見かけの大きさと同じぐらいなので、25mm の接眼レンズでも十分に分離して見えるが、18mm接眼レンズの方が見応えがある。12.5mmの接眼レンズだと少し離れすぎてしまって二重星としての面白みに欠けるようにも思う。その意味では、18mm接眼レンズのちょうどよい対象だったと言えるかも知れない。

画像はISOを3200で露出は1/8秒で撮影したコマをトリミングしたもの。コル・カロリが青白いのに対して、伴星は少し緑色がかかって写っている。二重星はどれも宝石のような気品を感じさせてくれるとともに、連れ添っているという事で何となく温かな気持ちにさせてくれる。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2010-04-07 22:19 | 二重星

夏の夜の清涼剤

7月26日の晩に月が雲に隠れた後には、夏の星座が姿を現した。雲は多いものの空の透明度は高く、星座を形作る星々を肉眼で1つ1つたどっていくことができる。そこで、まだ撮影していない夏の代表的な二重星に望遠鏡を向けた。

b0167343_10402431.jpg
まずは、さそり座のβ星。アンタレスの頭部側の隣に見える星だ。目視だと伴星と主星の光度にそれほど差を感じないが、写真にすると随分と伴星が暗く見える。

b0167343_10403954.jpg
つづいて、はくちょう座の61番星。この星は地球から11.4光年と比較的近いため、経年的な移動(固有運動)が目立つ星として、最初に地球との距離が算出された星だ。白鳥の姿を形作る星ではないため、星座の中で目立つ存在ではないが、天文学の発展を語る上では重要な星の1つだ。

低い倍率で見ると、ほぼ明るさの等しい星が程よい間隔に並んで光っている。やや赤味がかかった輝きは上品で美しい。ご近所の美人姉妹とでも言えようか。この光が11年余り前に星から放たれた瞬間は、自分は何をしていただろうか?と眺めながら想いを巡らせる、そんな時空的な距離感の星だ。

b0167343_10405650.jpg
星が適当な間隔で寄り添って、貴金属か宝石が輝いているかのように見える二重星は、「高貴な」とか「上品な」といった表現がピッタリする。夏の夜に眺めると実に涼やかな気分になって、まさに一服の清涼剤のような存在だ。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2009-08-02 10:45 | 二重星

夏の二重星たち

やはり日頃の行いのせいだろうか、5月最後の日曜日の晩は、天気が回復に向かっていたので22時過ぎに赤道儀を外にセット・アップしたものの、望遠鏡が出せるまでに回復したのは夜中の1時を過ぎていた。星空が現れたとは言え西側はしばらく雲に覆われていて、しばしば天頂付近にまで雲が流れ出してきた。そのために、せっかく視野に入れた天体が雲に隠れてしまい、たびたび観望を中断しなければならなかった。

b0167343_062820.jpg

しかし、空の透明度はまずまずで、4月26日の晩には及ばないが天の川も確認出来た。そこで、望遠鏡の視野が雲に覆われると、双眼鏡を使って雲間から別の天体を眺めて久しぶりの星空を堪能した。空気も割と乾燥しており風が強い割に気流も安定していて、M57リング星雲もM27亜鈴状星雲もその風変わりな形を楽しむ事ができた。そして夏の星空の代表的な二重星をいくつか撮影した。写真は、いるか座のγ星に向けた望遠鏡の様子だ。

b0167343_06246.jpg
いるか座のγ星は、星座自体が小さく暗い星ばかりだが、透明度が高かったので独特の星の並びが容易に確認できて、視野への導入もスムーズだった。向かって左の星がやや暗く銀色に、右側の星が金色に小さく並んで輝く様子は、とても清楚な印象だ。

そして、こと座のε星。これはダブル・ダブル・スターとも呼ばれ、二つの二重星が並んでいる。それぞれの二重星を分離して見るには口径8cmは少し厳しいが、目視ではちゃんと分離していた。残念ながら高倍率での撮影は手持ちのデジカメでは無理で、写真は低倍率でのものだ。よく見ると、星が点像ではなく左側の星が縦方向に右側の星が水平方向に、それぞれ雪だるまのような感じになっていて、二重星であることがうかがえる。

同じようにζ星も二重星であるが、この星達は地球からの方向が一致しているための見かけ上の二重星で、お互いに並んで存在している訳ではないらしい。

平日の晩に望遠鏡を出すのは難しいので、寝不足覚悟で思い切って望遠鏡を出したが、気分的にも十分に蓄えが出来た気がする。これから2-3日は晴天が続くようであるが、しばらくは平日の夜に晴れてもヤキモチも焼かず朗らかに過ごすことができそうだ。

b0167343_17415553.jpgこの観測を、世界天文年の「めざせ1000万人!みんなで星を見よう」に登録しました。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2009-06-02 00:15 | 二重星

ネコとアルビレオ

金曜の晩に夜なべ仕事に飽きてブログを更新し、それからもうひと仕事した。その帰り道、夜空を見上げると月明かりの中で土星が静かに光っていた。ちょうど再挑戦を決意したばかりだったので、眠気は吹っ飛んだ。

寝静まった家族を起こさぬように、コソコソと望遠鏡を組み立てはじめると、ネコが起きてきて望遠鏡の木箱の上に寝転んで邪魔をした。仕方なしにカラのエサ鉢にキャット・フードを入れてやると、嬉しそうに食べ始めた。

土星は気流の影響でユラいではいるものの、本体を横切る輪の影が見えて、まずまずの条件にあるようだ。試しに数枚撮影してみると、土星本体を横切る輪が確認できるコマがあった。そうなるともう夢中だった。ところが後が続かない。撮影しては確認し、ピント合わせをして再び撮影するという事を繰り返すうちに、土星は西に傾いて気流の影響が強くなってきた。

さあ、今夜はもう止めだとつぶやいてはみたものの、煌々と輝く月に望遠鏡を向けてしまうとやっぱり止まらない。満月過ぎの欠け際のクレーターが面白くて撮影をはじめてしまった。

b0167343_22231175.jpg遠くで気の早い一番鶏が時を告げるのが聞こえた。イカンイカンもう寝るぞと見上げた空には、夏の大三角が昇ってきている。思わず白鳥座のくちばしに光るアルビレオに望遠鏡を向けてしまった。全天で一番美しい二重星と言われるだけあって、供星との色の対比が見事だ。どんな色合いに写るのだろうか?と思うと、またまた撮影をはじめてしまった。

翌朝起きると、家族の機嫌があまりうるわしくない。全員から物音で目を覚ましてしまったと苦情を言われた。その傍らで、ネコだけがのんびりと眠っていた。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2009-04-11 22:32 | 二重星

トラペジウムとミザール

3月末になって庭にいろいろな花が咲き出した。スイセン、ビンカミノール、クリスマスローズ、ハナニラやユキヤナギと賑やかだ。特にすごい勢いで増えて群生するビンカミノールは、新芽と花が一斉に出てきて美しい。ケヤキやモミジなどの木々も芽吹き始めた。夜空に気を取られている間にも、地上の春は確実に進んでいる。
b0167343_10374714.jpg
b0167343_103831.jpg

寒気が入り込んで夕方から冷え込んだが、黄砂が吹き飛んで星が輝いて見える。望遠鏡を出すと、冬の星座の見納めに真っ先にオリオン星雲に望遠鏡を向けた。しかし既に高度が低いために薄雲と街灯の影響を受けて星雲の美しさは物足りない。

そこで、デジカメを接眼レンズに押し当ててトラペジウムを撮影してみた。4つの星のうち少なくとも3つの青みがかった星が群れているのが、写真でも十分に確認できる。
b0167343_10394289.jpg


北斗七星の柄の部分にあるミザールにも望遠鏡を向けた。肉眼ではやっと判別できるかどうかという距離に寄り添うアルコルも、望遠鏡だと随分と離れて見える。そしてミザールに寄り添う連星ミザールAも、手持ちのデジカメでちゃんと分離して写った。

本当は土星の撮影に再挑戦したかったのだが、雲が増えてきて土星が度々覆われるようになったので早々に撮影はあきらめた。しかし、二重星も手持ちデジカメ撮影のよい対象天体になることがわかり、今後の楽しみが増えたのは大収穫だった。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2009-03-29 10:50 | 二重星