初めての月面写真

中学2年生の時に望遠鏡を手に入れたが、当然のことながら今度は写真が撮りたくなる。幸いカメラは父親のキャノン製があった。なんでも私の誕生にあわせて購入したそうだ。生活に余裕があった訳ではないのに高価な買い物をして、夫婦喧嘩の原因になったという代物だ。
b0167343_2274844.jpg

私の誕生から折りあるごとに父が家族を撮影し、中学生以降は私が夜空を撮影したそのカメラは、私の大学卒業を待つように亡くなった父の形見の品として、兄弟の中で私がもらい受けた。もう撮影に使うことはないが、ケースも当時のままに保管してある。

三脚を買うにあたっては、近所の写真屋でカタログをもらって相当に研究し、お年玉か何かで得たお金で購入した。たぶん中学2年の終わりごろだったと思う。月面を撮影するにはカメラの高さを自由に変えられる必要があるので、ハンドルをまわすと雲台の高さがエレベーター式に動くものだった。

三脚を購入して真っ先に月面を撮影した。カメラを三脚に取り付け、望遠鏡の接眼レンズを覗き込むように位置を決めて撮影するのであるが、それがなかなか大変なのは既に書いた。しかも、うまく撮影できたかどうかは、写真屋に現像に出したフィルムを見るまではわからない。

限られた小遣いではフィルムは簡単には買えないので、1枚1枚大切に撮影して行く。だからフィルムを1本使いきるのに何ヶ月もかかった。撮り終えたフィルムをカメラから取り出す時の緊張感は相当のものだった。失敗すれば数ヶ月の努力が水泡に帰することになる。その分、現像から上がってきたフィルムを見るまでのドキドキ感はものすごかった。

b0167343_115591.jpgそうして出来上がった初めての月面写真は、今もアルバムに残っている。デジカメで接写する時に直したが、実際にはフィルムの中心からかなりズレて月が写っている。下の方がかなりピンボケなので、カメラが接眼レンズに正しく向いていなかったのだろう。写真代を節約するために、何コマか撮影した中で一番いいコマを選んでプリントに出していたので、これがベスト・ショットだったことになる。

折しも前出(3月26日に掲載)の2月1日撮影の写真とほぼ同じ月令である。基本的には同じ方法で撮影しているのだが、出来映えはデジカメ写真の遠く足許にも及ばない。しかし、この写真を手にした当時の自分が、どれほど嬉しかったかは想像に難しくない。

準備と研究を重ねたからこそ得られる喜びの尊さを、中学生の頃に味わうことが出来たのは、実はとっても貴重な経験だったのではないだろうか。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2009-03-31 01:01 | 天文少年の頃

トラペジウムとミザール

3月末になって庭にいろいろな花が咲き出した。スイセン、ビンカミノール、クリスマスローズ、ハナニラやユキヤナギと賑やかだ。特にすごい勢いで増えて群生するビンカミノールは、新芽と花が一斉に出てきて美しい。ケヤキやモミジなどの木々も芽吹き始めた。夜空に気を取られている間にも、地上の春は確実に進んでいる。
b0167343_10374714.jpg
b0167343_103831.jpg

寒気が入り込んで夕方から冷え込んだが、黄砂が吹き飛んで星が輝いて見える。望遠鏡を出すと、冬の星座の見納めに真っ先にオリオン星雲に望遠鏡を向けた。しかし既に高度が低いために薄雲と街灯の影響を受けて星雲の美しさは物足りない。

そこで、デジカメを接眼レンズに押し当ててトラペジウムを撮影してみた。4つの星のうち少なくとも3つの青みがかった星が群れているのが、写真でも十分に確認できる。
b0167343_10394289.jpg


北斗七星の柄の部分にあるミザールにも望遠鏡を向けた。肉眼ではやっと判別できるかどうかという距離に寄り添うアルコルも、望遠鏡だと随分と離れて見える。そしてミザールに寄り添う連星ミザールAも、手持ちのデジカメでちゃんと分離して写った。

本当は土星の撮影に再挑戦したかったのだが、雲が増えてきて土星が度々覆われるようになったので早々に撮影はあきらめた。しかし、二重星も手持ちデジカメ撮影のよい対象天体になることがわかり、今後の楽しみが増えたのは大収穫だった。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2009-03-29 10:50 | 二重星

光条の不思議

2月1日から約1週間後の7日の晩に、今度は満月直前の月を撮影した。月は欠け際の部分のクレーターがきれいに見えるので、満月前後の月令はその意味では魅力が少ない。しかし、この月令ならではと言うべき美しい存在が光条である。

b0167343_12284660.jpg
直前の出張で札幌に行った際に、ライト・アップが終わった後の雪祭りの会場で、人影の絶えた雪像の上に輝く月を見上げて、またどうしても月面の写真が撮りたくなった。そして戻ると早速に望遠鏡を引っぱり出したという訳だ。

b0167343_12234387.jpg

望遠鏡だと直視できないくらい眩しい月面に光条を輝かせる幾つかのクレーターの中で、特に目立つのが「ティコ」である。それほど大きなクレーターではないが、周囲に放射状に広がる光の帯は驚くほど長く伸びている。ティコの光条はきれいに弧を描いて見え、写真になっても月が球体であることを感じさせてくれる。

光条はクレーターが出来た時に飛び散った岩石で出来たということであるが、静かに輝く様にはそんな激しい形成過程は微塵も感じられない。月の不思議さを教えてくれる大好きな存在だ。

途中から月に雲がかかってしまい、写真自体は満足のいくものではなかったが、小さな構造物が見えなくても光条はちゃんと美しく写っている。そんな意味でも、光条はありがたい存在だ。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2009-03-28 12:29 |

月を撮る

月面は何もない荒涼とした世界であるはずだが、望遠鏡で覗く月の世界は奥行きがあって温かみの感ぜられる不思議な空間だ。それは、たぶん私たちが地球の大気を通して月を見ているからだと思う。

冬の夕方に文字通り凍り付くように光る三日月には、寂寥感を感ずる人も多く古来詩歌の対象にもなってきた。しかし、望遠鏡で眺めると気流の影響でユラユラ揺れながら見えて、まるで月面が呼吸しているような感じだ。独りで向き合っていても私には寂寥感はない。それどころか、揺らめいて輝くクレーターや明るく輝く光条はホッとした気分にさせてくれる。

気流は天体写真を撮る上では邪魔な存在であるが、このユラユラがなかったら、少なくとも自分は月を望遠鏡で熱心に眺める事はないように思う。大気圏を突き抜けて、もし宇宙空間から月を望遠鏡で覗くことが出来たら、細かい構造までよく見えるだろうけど、おそらく無機質な印象を強く受けるのではないだろうか。
b0167343_1404329.jpg

1月11日の満月の写真(3月19日に掲載)が自分なりに満足できるものであったので、今度は2月1日の夜に上弦の月を撮影した。気流の影響でユラユラと揺らめき輝く月面は、その日も温かく迎え入れてくれた。大型のクレーターもいいが、平坦な「海」の部分に見えるシワや小型クレーターも面白い。デジカメを手持ちにして接眼レンズに押し当てての撮影でも、比較的きれいに捉えることが出来た。

ニコンの天体望遠鏡で眺める月の世界を続けて撮って行こう。そう決意させてくれた写真である。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2009-03-26 01:55 |

明け方の月

惑星の写真のコンポジット処理が自分にもできるとなったら、またやってみたくて落ち着かなく過ごしていた。そして早くも桜の開花宣言の出た3月20日の晩に、ウキウキと土星の撮影に再挑戦した。

b0167343_19452869.jpg前回は撮影のコツが掴めないまま終わったが、今回の撮影で試行錯誤を重ねる中で、カメラを手持ちにして撮影する限りは、キレイに撮影することが極めて難しいことを実感した。もちろん気流やピントは重要な要素の1つであるが、撮影の成否を決めるもっと重大な要因がある。

それは振動だ。ベランダで撮影しているので、自分の体動で振動するのは仕方がないし、注意すれば体動による望遠鏡の振動はかなり抑えられる。しかし、デジカメを手で持ちレンズに押し当てて撮影している以上、それによる振動を防ぐのは、かなり困難である。

露出時間を少しでも短くすることで手ブレの影響を減らす事が次善の策だろう。コンポジット処理を前提とするならば、露出時間を短くしてもブレない写真を撮る方がいいかも知れない。また、当然ながら透明度の高い夜を選ぶこともポイントだろう。

デジカメの持ち方にも工夫の余地はありそうだ。シャッターを押す時の手ブレを防ぐために、セルフ・タイマーも試みてみたが、残念ながら効果はあまり感じられなかった。2秒の設定でも、待っている間にかえってカメラを持つ手に余計な力が入ってしまうようだ。いかに余計な力を抜いて、接眼レンズに軽くなおかつピッタリとデジカメを押し当てて撮影するか、そこに尽きるようだ。

コンパクト・デジカメを三脚に付けて接眼レンズを覗かせて撮影する方法も考えられるが、カメラをいい位置に設定するのがどれほどストレスの溜まる作業であるかは、中高生時代に通常のカメラを用いた撮影で経験済みだ。接眼レンズに対してカメラの位置の調整ができる頃には、肝心の天体は地球の自転で動いてしまって、接眼レンズの中にいなくなってしまっているのだ。そして振り出しに戻るのである。1枚撮影するのに1時間近くを要することもザラだった。

月を低倍率で撮影するのであれば、デジカメを手持ちにしても、ある程度満足できる写真を得ることができる。しかし、同じ方法で惑星を撮影し映像を拡大しても満足できるような写真を得るのは、一筋縄ではいかない。幸いコンパクト・デジカメは軽くて楽に撮影できるので、とりあえずは枚数を多く撮影する中で偶然に期待することになる。

結局はコンポジットを再度試みるに値するだけの写真が撮影できないうちに土星は西の空に低くなってしまった。代って東の空に木星と夏の大三角形が昇ってきて空が明るくなり始めた。望遠鏡に向かっていると、本当に時間がアッと言う間に過ぎてしまう。
b0167343_23162642.jpg

最後に、普段はなかなか撮影の機会がない下弦の月を撮影して、気持ちよく撮影を終わらせた。惑星撮影の困難さを再認識したことで、仕事のない週末に条件のよい晩が巡ってくるまで、今度は落ち着いて待つ事ができそうだ(と思う)。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2009-03-24 00:10 |

憧れのコンポジット処理

コンポジットという何枚かの映像を重ねて写真を焼く手法がある。中高校生時代に毎月読んでいた天文雑誌の写真コーナーに入選する惑星の写真は、大抵はこの方法で撮像されたものだった。自分の手で写真を焼かない限りはできない手法であるため、機材を持たない自分には無縁の技術だった。

憧れつつも「所詮は虚像さ!」と半分は当て付けを言いながら、自分とは関係のないものと諦めていた。静止撮影であれ、赤道儀での追尾であれ「虚像」である事に何ら変わりはないのだが、自分でも撮影が可能ということでそれらは「虚像」だとは思っていなかった。勝手なものである。

しかし、コンポジット処理は、デジタル画像ならパソコンで比較的簡単に出来る。それならばと、望遠鏡では眺めるだけだった土星の撮影に挑戦しようと思い立った。しかし暖冬で春の訪れが早いせいか、2月中は雨が多くて週末で時間が空いた夜に星が見えることはほとんどなかった。たまの晴天の週末には仕事が重なったりして、それがストレスを増強したりもしていた。そして3月も半ばになった14日の土曜日、夕方にかけて青空が久しぶりに戻ってきた。日中は首都圏で列車を止めるなど吹き荒れた風は、夜半になると弱まってやっとチャンスが巡ってきた。

b0167343_18274113.jpg強風の後で気流の影響が心配されたが、ニコン8cmで覗く土星の像は思ったより安定していた。しかし、付属品の接眼レンズのうち12.5mmは汚れがひどく撮影には使えない。そこで25mmの接眼レンズで撮影を始めた。いつものようにデジカメを手で持って、接眼レンズに押し当てて写真を撮る。倍率にして50倍足らずではファインダー越しの土星はとても小さく、輪の存在はもはや確認できない。こんな事で本当に土星が写るのだろうか?と不安になる。しかし、何枚か撮影した映像を拡大して確認すると、爪楊枝が付き刺さった団子のような土星が小さいながらも写っていることがわかり、俄然やる気が湧いて来た。

何十枚か撮影しては、部屋に戻って映像を確認し、撮り損ないの画像を捨てて再び撮影する、ということを何度も何度も繰り返した。連続して比較的いい映像がある事もあれば、一枚も使い物にならない事もあった。いや後者の方が圧倒的に多かった。気流の影響なのか、ピントの問題なのか、どうやったらきれいに撮影出来るのか、コツは最後まで掴めなかった。

午後9時過ぎに始めて、途中からは高く昇った月も撮影し、終わってみれば午前3時を過ぎていた。目がショボショボしてきてピントが合わせられなくなって諦めたが、たいして寒いとも疲れたとも感じなかった。それどころか、休日返上が続いてオリのように沈殿していたストレスから解放されて、リセットされていく自分が実感できた。やっぱり、好きなんだなあと改めて思った。

数百枚は撮影したはずだが、撮影が終わってカメラに残された土星の写真は10枚足らずだった。その中からどうにか使えそうな4枚を選び出して、念願のコンポジットに挑戦した。仕事でPhotoshopはよく使うが、レイヤー機能は使ったことがなかったため、勝手がわからず最初は手を焼いた。しかし、試行錯誤を重ねた末にどうにか使えるようになった。作像してみると、撮影時によかれと思ってズームを掛けたり掛けなかったりしたことが、かえって後の作業を複雑にすることも理解した。

b0167343_1827432.jpg苦戦の末に出来上がった映像は、相変わらず団子に串が突き刺さったような姿で、輪というイメージにはほど遠く、基本になった写真に比べて見違えて良くなった訳でもない。でも、コンポジット画像に目を凝らすと、土星本体の影が輪に落ちているせいか土星の片側の輪郭が際立って見える。そして、赤道より少し上に縞模様が見えるような気がしないでもないが、幻だろうか。自分では、もはや判断ができない。

「虚像」である事には変わりないが、ニコンで捉え自分の手で完成させたコンポジット画像第一号は、30年を経て憧れが現実になった記念すべき映像である。ただし自分の努力の賜物ではなく、テクノロジーの進歩によって実現したのではあるが、それでも嬉しい。そして、早くも次の撮影の機会を心待ちにしている自分に呆れるとともに、少年の頃のようなワクワク感が戻ってきた事に幸せを感じている。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2009-03-20 00:22 | 惑星

ブログ開設

中学2年生だった1976年に購入したニコン8cm屈折望遠鏡。当時はフィルムを1枚1枚とても大切にして天体写真を撮っていた。

それが大学を卒業してからは、滅多に望遠鏡を出さなくなってしまっていた。

今年の正月に久しぶりに望遠鏡を引っ張り出して、デジカメをレンズに押し当てて撮ってみたところ、信じられないくらい簡単に写真が出来ることがわかった。30年ぶりに思い出した天体写真を撮るワクワク感は、自分でも驚く程だった。

ニコンの天体望遠鏡は、既に30年ほど前から製造されていないとか。それなら、少しずつ撮った写真を記録していこうと思い、ブログを開設した。

望遠鏡にデジカメを押し当てただけで写した天体の姿は、最新機器で捉えた映像とは比べ物にならないハズだが、望遠鏡の性能を引き出した写真ができるように少しずつ研究していこうと思う。
b0167343_19391246.jpg

最初の写真は、今年1月11日に撮影した満月。天頂プリズムを付けて撮影したままの状態だけれども、自分にとっては記念すべき一枚だ。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2009-03-19 03:11 |