踏み絵(M51子持ち銀河)

この冬はじめてのまとまった積雪もかなり溶けた2月13日の晩は、透明度の高い素晴らしい星空が広がった。日付が変わって月が沈んだ頃、雪が残る自宅の庭に望遠鏡を出して春の銀河星雲を眺めた。

b0167343_1137993.jpg最初は「りょうけん座」のM51子持ち銀河に望遠鏡を向けた。街中ではあるが、高い透明度のおかげで眼視でも存在が確認できた。そこで、リングを付けてのお手軽撮影を始めた。露光時間を3秒に設定し、どんどんコマ数をかせいでいく。最終的に64コマを選んでコンポジット処理をした。去年の撮影に比べて、明るい銀河の中心部を2本の腕がぐるりと取り巻いている様子が、比較的明瞭に写っている。しかし、銀河の腕が伴星雲につながる部分までは確認できない。それにしても、なんとも小さく可愛らしい姿だ。

当たり前だが、眼視ではこれをさらに淡くした姿がかろうじて確認できる程度だ。星雲・星団を小望遠鏡に導き覗き込み実際に見えた姿をどう感ずるかが、天文を趣味として続けられるかどうかの分かれ目になるように思う。天体写真でよく見る姿との大いなるギャップに「なあんだ・・・」と失望するのか、生の姿を見た事を嬉しいと思えるのか、その違いは大きい。その意味でM51は踏み絵のような対象と言えるのではないか。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-02-26 11:42 | 星雲

冬から春の散開星団(その14-M44星団)

望遠鏡よりも双眼鏡で見た方が美しい散開星団と言えば、M45スバル星団と「かに座」のM44プレセペ星団が代表的だろう。それを敢えて望遠鏡で見てみようと言うのは、他ならぬメシエ天体の手持ち撮影による制覇のためだ。

プレセペ星団の面白みは、4-5等星が形作る四辺形の箱のような星の並びの中に曖昧模糊とした星の集団が収まっているところにあり、言うまでもなくそれは低倍率の双眼鏡で見るのがちょうどよい。そして、その様子は、いかにも春の宵に見るのがふさわしい。そんなプレセペ星団だが、11月5日の晩も更けてくると、いつの間にか天頂近くまで昇ってきた。

b0167343_051792.jpg30mm接眼レンズでも、星団の星々が視野からこぼれてしまうが、露光時間を2秒に設定して手持ち撮影した16コマをコンポジットしてみると、意外と多くの星が群れていている。そうは言っても、この写真で星団としてのまとまりを感ずるのはやはり難しい。

(撮影したメシエ天体 通算85/107個)
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-02-24 00:06 | 星団

冬の散開星団(その13-M93星団)

「おおいぬ座」を取り囲むようにある散開星団のM41、M50、M48が比較的似かよった雰囲気を持っているのに対して、「とも座」の散開星団のM93はかなり雰囲気を異にしている。「おおいぬ座」が尻尾を振り上げたような位置にある星団だ。

b0167343_23265453.jpg露光時間を2秒に設定して手持ち撮影した16コマをコンポジットした。M93は「おおいぬ座」周辺の散開星団の中だと最もコンパクトで、眼視だと三角形をした星の並びが望遠鏡の視野を日周運動で直線的に横切って行く。その様子は、神社の狛犬かビールのラベルの麒麟、はたまたトナカイが疾走しているようにも見える。クリスマスの時期にながめていると、シャンシャンと鈴の音も聞こえてくるような気がする。写真でもその雰囲気が捉えられている。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-02-22 23:29 | 星団

冬の散開星団(その12-M48星団)

また、秋のうちに手持ち撮影した散開星団のシリーズに戻る。

シリウスと「こいぬ座」のプロキオンを結ぶ線を斜辺にし、シリウスからM47/M46を更に東に延ばして直角三角形を作るような位置にある散開星団が「うみへび座」のM48だ。長々と横たわる「うみへび座」がシリウスに向かって星団を吐き出したような位置だ。

b0167343_2338232.jpg10月10日の晩に露光時間を2秒に設定して手持ち撮影した16コマをコンポジットした。個々の星の明るさはやや暗いが、M41やM50と良く似た感じのする散開星団だ。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-02-18 23:39 | 星団

お手軽撮影用アダプター(その3-M97/M108)

30mm広視野接眼レンズによる星雲の手持ち撮影では、視野の明るい星を目印にして撮影するので、対象とする星雲を視野の中心に持って来るのが容易でない場合も多かった。お手軽撮影用アダプターを使えばその弱点が克服できるはずで、今度は視野ギリギリにお互いがおさまるM97惑星状星雲とM108銀河でテスト撮影した。

b0167343_1293092.jpg眼視で2つの天体の存在が確認できるので、空の透明度はそれほど悪くない。北天にあって日周運動の影響を受けにくい対象なので、露光時間を4秒と長めにした。しかし、ほぼ天頂にあるにもかかわらず街灯りの影響を受けてしまい、撮影したコマの背景が明るくなってしまった。それでも、アダプターのおかげで構図を調整しやすくなっただけでなく、完全な手持ち撮影に比べてコマ数を稼ぐのが非常に楽になった。こうして撮影した48コマをコンポジットしてみたが、視野ギリギリに円形のM97と紡錘形のM108が対照的な姿を見せている。

b0167343_1302185.jpg
そこで、M97とM108をそれぞれ中心に置いた構図で、露光時間を4秒に設定して撮影した32コマをコンポジットしてみたが、対象を中心に置いた分だけ良く写っている。これなら、条件の良い空でコマ数を稼げば、フクロウ星雲の名の由来になったM97の大きな目玉のような構造も捉えられるかも知れない。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-02-16 01:32 | 手持ち撮影にこだわる訳

お手軽撮影用アダプター(その2-M78)

30mm広視野接眼レンズの手持ち撮影では、接眼レンズとデジカメのレンズの光軸を合わせて撮影する手加減がなかなか難しかった。星雲自体は通常はデジカメのモニター上でほとんど見えないので、視野内の比較的明るい星を目印にして、接眼レンズとデジカメのレンズを繋ぎ持つ左手の指先で微妙な光軸の調整をしていた。だから、同一視野内にデジカメのモニターで確認できるような明るい星が数個は必要で、視野内に星が少ないと撮影は極めて困難だった。そのため、寒くなってからは凍てついた機材を素手で持って調整することは凍傷の危険性もあり、オリオン星雲のように明るい対象を除けば星雲の撮影は事実上不可能だった。

そこでまず、お手軽撮影用アダプターでテスト撮影したのはM78星雲だ。M78星雲は以前にツアイス・サイズの40mm接眼レンズで撮影したことがあった。40mm接眼レンズは視野が極めて狭いもののデジカメを接眼レンズに押し当てやすかったので何とか写ったが、30mm広視野接眼レンズでは11月と12月に手持ち撮影を試みたが思うように写らずに諦めていた。2月9日の晩は、月が沈む夜半過ぎになるとオリオン座は既に西の空にまわっており、自宅の庭だと街灯りの影響を強く受けるような条件だった。望遠鏡をのぞくと眼視でも淡い光芒がかろうじて確認できるが、なにせ視野内にモニターで確認できる星は1つだけという状況で、手持ち撮影ではお手上げだった。しかし、アダプターを使えば、1つの星だけでも視野を確認することが出来る。そうやって露光時間を2秒で撮影した32コマをコンポジットした。

b0167343_0382618.jpg比較的暗い対象で街灯りに埋もれてしまうのでキレイな写真ではないが、近接する2つの暗い星と重なる白っぽい星雲が写っているのが確認出来た。そしてガス星雲の一端を暗黒星雲が覆い隠している様子もなんとなくうかがえる。この条件でもここまで写ったので、条件の良い空ならマズマズの写真が出来るのではないだろうか。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-02-15 00:40 | 手持ち撮影にこだわる訳

お手軽撮影用アダプター(その1-M42/43)

12月4日の晩に八ヶ岳に遠征した時に、「手持ち撮影」の限界を知った。夜も深まり空の透明度が増すのと比例して気温がグングン下がってくる。防寒着のおかげで寒さには堪えられるが、手持ち撮影のために手袋の指先が切ってあるので、カメラと接眼レンズに触れると、まさに手が切れるような冷たさだった。とてもじゃあないが天体写真どころではなく、冴え渡る夜空を恨めしく眺めながら、すごすごと退散せざるを得なかった。何か工夫が必要だが、誰にでも出来るお手軽撮影をモットーとする以上は、出来る限り「手持ち」にはこだわりたい。ところが体は正直だ。この2ヶ月の間、澄み渡った冬の空があるのに、あの指先の冷たさに立ち向かう気力が湧いてこなかった。

そして次第に「対象の天体を追尾せずにコンパクトデジカメを接眼レンズに押し付けてコリメート撮影する」ことを大切にすれば、完全な「手持ち」に固執しなくてもいいのでは、と考えるようになった。そこで、お手軽撮影としての要素を残しながら、冷たい接眼レンズやカメラにずっと触れなくても撮影できるようなアダプターを「テレスコ工作工房さん」に相談した。

b0167343_1833828.jpg出来上がったアダプターはいたってシンプルで、タカハシの接眼レンズLE-30とカメラのレンズを差し込んで、それぞれを軽く固定することが出来るような構造のものだ。以前に作ってもらったリングを接眼レンズの内側にねじ込んで同時に使用することで、カメラのレンズが接眼レンズの合焦点に固定される。

天気予報によると、この連休中に星空はあまり期待できそうもなかったので、平日禁の御法度を犯して2月9日の深夜に自宅の庭で望遠鏡をM42オリオン星雲に向けテスト撮影してみた。脱着が簡単なのと、絶えずカメラを手で押さえている必要がないので、とても使いやすい。露光時間を1.6秒に設定し、デジカメのセルフタイマー機能を使って一回に3コマを連続して撮影してみたが、光軸ズレがないのは勿論手ブレのコマも激減して、あっという間に数十コマを撮影することができた。ということで今まで最多の64コマを使ってコンポジットしてみた。

b0167343_1852130.jpg街明りの影響があるにもかかわらず、コンポジットしたコマ数が多いので各コマの粗さが相殺されてなかなかシャープな画像に仕上がった。アダプター1つで、こんなに簡単に撮影できるのなら、手持ちにこだわって寒さに凍えているより、こちらの方が本当の「お手軽」撮影と言えるのではないか。そこで、暗くて周囲に明るい星の少ない対象を選んでさらにテストを続けた。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-02-11 18:11 | 手持ち撮影にこだわる訳

冬の散開星団(その11-M50星団)

シリウスからM41星団と反対側の北に向かって望遠鏡を振るとM50散開星団が視野に入ってくる。所属は「おおいぬ座」と「こいぬ座」の間に割り込むようにしてある「いっかくじゅう座」になる。シリウスが昇る頃になるとM41やM46/M47よりも一足早く高度を上げてくるので、「おおいぬ座」の周辺に散在する散開星団のうち、真っ先に望遠鏡を向けることになる。

b0167343_027160.jpg10月10日の晩も、真っ先に望遠鏡を向けた。露光時間は2秒に設定して16コマをコンポジットした。星の数も規模もM41を一回りこじんまりさせた感じの星団だ。

M41がシリウスから滴り落ちた星屑だとすると、M50はシリウスから立ち上った妖気とでも言えようか。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-02-08 00:29 | 星団

冬の散開星団(その10-M35星団)

「ぎょしゃ座」の3つの散開星団であるM38M36M37の並びから更に東へたどると「ふたご座」の散開星団M35へと至る。星座は異なるが、M35もM38、M36、M37とは兄弟のようなイメージだ。

b0167343_1412521.jpg
撮影したのは昨年の10月10日の晩になる。露光時間は2秒に設定して手持ち撮影した16コマをコンポジットした。「ぎょしゃ座」の3兄弟に比べるとM35は一回り見かけが大きく、「ハ」の字に並んだ星々にはどことなく愛嬌がある。このM35の直ぐ近くにはNGC2158という散開星団があって、30mmの広角接眼レンズだと同一視野に入ってくるハズであるが、眼視では確認できなかった。そこで、コンポジットした写真の感度をグッとあげてみると、トリミングした視野ギリギリに星雲のように写っているのがわかった。画像を画像処理の明るさを変えた2つの画像を載せたが、右側の画像ではNGC2158がシミのように写っているのがわかる。

M35は比較的見かけの大きさがある一方で構成する星の数も多く、小望遠鏡でちょうどよい見応えの星団だと思う。写真では「ハ」の字(時計で8時20分の針の位置)が時計回りにまわって(9時半の位置)しまい、片足を挙げて滑るスケーターや腕を大きく振って歩いている人の姿のようにも見えて面白い。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-02-05 14:17 | 星団

国会議事堂とシリウス

別に政治的な意図は一切ない。東京への出張の際に定宿にしているホテルが永田町なので、機会があったら国会議事堂と星空を写真にしたいと思っていた。

先週末の出張は単身だったので、コンパクト・デジカメを荷物に入れた。そして、1月29日の晩に議事堂のライト・アップが終わるのを待ってデジカメを片手に外に出た。夕方は良く晴れていたのだが、夜になって雪雲が北西から都心にも流れ込んで来ていた。これだと議事堂の正面からは雲が邪魔して星が写らない。そこで議事堂の北側から写真を撮る事にして、人気のない通りを歩いた。通行人は滅多にいないが警官があちこちで警備にあたっていた。

b0167343_1435885.jpg街路樹にカメラを手持ちで押し付けて固定すると0.2秒の露光時間で4コマを続けて撮影したものをコンポジット処理した。「おおいぬ座」の全体と雪雲に重なってオリオン座の一部が写っているのだが、シリウス以外の星は街灯りに埋もれかけている。もう少し工夫して撮影してもよかったのだが、職務質問されやしないかとハラハラしながら頑張っても余り楽しくはないので、早々に切り上げた。

b0167343_1442061.jpg
翌朝、部屋の窓から丹波山系の向こうに富士山が見えていた。その上には、東京とは思えないような青い空が広がっていた。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-02-01 01:47 | 月・星のある風景