満天の星・・・・

震災から5日目になって、三陸沿岸部の街に暮らしている親族の無事がようやく確認できた。家は津波に流されたが、みんなで高台の親戚に避難しているということだった。待ちに待った無事の知らせを、家族で喜び合った。震度5強の当地は地震直後から8時間ほど停電したが直接の被害はなかった。しかし、停電が復旧してすぐにテレビで見た火焔に包まれる彼の地の映像は、無事を信ずる心を大きく揺さぶった。それからの5日間という長い長い時間は、メール1つで世界中とリアルタイムで交信が出来るような現代にあって、今度の震災がどれほど深刻なものなのかを物語っているように思う。

震災の夜に車で1時間ほどの実家に母の様子を見に行った深夜の帰り道、停電のために真っ暗な河口湖の湖畔に車を停めた。観光ホテル街には時折通る車のヘッド・ライト以外に人工の明りはなく、湖の上には春から初夏にかけての星座が静かに輝いていた。電気の光が溢れるこれまでの生活では、満天の星は求めて行かないと見られないものだと思っていたが、見慣れたはずの景色の上に広がる見事な星空はとても新鮮で、優しく、そして美しかった。星から感じられる安らぎと希望が、今は星空を見上げる余裕はないかもしれないが、やがてはたくさんの人達に届くことだろうと思った。

このブログを開設して、ちょうど2年が過ぎようとしているが、今月中は更新を休止しようと思う。と言っても、星空を見上げること自体を休止する訳ではない。少々不謹慎だが、計画停電のために自宅周辺でも美しい星空を仰ぎ見ることができるかもしれない。そして何よりも、さらにお手軽撮影に邁進するために1月に注文した新しい望遠鏡が近々納品される予定になっている。再開後にはその新しい望遠鏡での写真も紹介できればと考えている。

それでは、また4月に。

追記
4月24日の読売新聞に、仙台で被災した伊集院静氏のコメントが掲載されているのを読む機会があったので、ここに一部を引用する。

「・・・さまざまな光景が身体の中に入り込み過ぎて、やや混乱もしているが、何度もよみがえるのは、3月11日夜の、あの美しすぎるほどの星空である。地上の惨劇と天上の美眺の相対は何を告げようとしていたのか・・・」

私が河口湖畔で見上げた同じ空を、やはり被災地で見上げていた人は確実にいた。そして、津波にのまれた家屋の上で寒さに凍えて救助を待ちながら、あの星空を見上げていた人もいたはずだ。その事実と、ただただ星空の美しさに優しさを感じた自分の感性とのギャップを認識し、この惨事と向き合っていかねばと思う。

追記 その2
5月23日の朝日新聞に、宮城県名取市の閖上(ゆりあげ)地区で被災した名取市立閖上小学校6年生菊地里帆子さんが、新任教員の歓迎会で児童を代表して行った挨拶が紹介されていたので、以下に記事をそのまま引用する。

<津波は渦を巻き、おおいかぶさってくるように閖上を消していきました。真っ暗な校舎の中、みんなではげましあいながら助けを待ちました。・・・私たちはこれから、応援してくれる人への感謝を忘れず、精いっぱい生きていきます。あの夜、真っ暗な空に輝いていた星たちのように、希望の星となるように>
続いて載っていた里帆子さんのコメント。
「あの夜は、星が怖いくらい光っていた。悲しかったけれど、停電であかりがなくても星はすごい光っていた。そういう存在になれたらいい」

記事には、被災した学校の備品だろうか、マスクと手袋をして片付けている里帆子さんの写真も載っていた。「怖いくらい光っていた」「悲しい」星空ではあったけど、その輝きに里帆子さんが希望を見いだそうとしていることを知り、涙が止まらない。里帆子さん、どうもありがとう。

追記 その3
菊地里帆子さんの名前のある新聞記事をネット上で探していたら、今年の1月に名取市内で上演した子どもミュージカルに出演した子ども達が、震災後の4月13日に集まって「明けない夜はないから」という復興メッセージソングを歌った、という記事に行きついた。

里帆子さんもミュージカルの出演者の一人で、「自分も被災者だけれど、他の人にも元気を与えたい。みんなに歌を聞いてほしい」と話した、書かれていた。

「見上げれば夜空には 星がきらめく 今まで見たこともない たくさんの星」で始まるその歌はYou tubeで聞くことができた。朝日新聞の記事に載っていた里帆子さんの写真から、きっとこの子が里帆子さんだろうなと思われる姿を見ることができた。その明るい楽しげな表情に、たくさんの力をもらった。

曲のエンディングに「たくさんの星たちが 見守るよ 前を向くぼくたちを 包むように 明けない夜はないから」とある。このフレーズが、里帆子さんをはじめ歌う子ども達に、あの夜の星空を希望の象徴にする力をくれたのだろう。子ども達の力強い歌声を聞きながら、そう思った。

追記 その4
復興メッセージソング「明けない夜はないから」を製作した「プランニング開企画」のブログの4月12日付けの記事から。

『3月11日地震があったあの日あの夜、このままどうなってしまうんだろうと不安に思いながら過ごしました。停電になっている中での激しい揺れ、いままでに感じたことのない恐怖と不安な状態の中、夜空を見上げれば満天の輝く星。こんなに大変な時なのに、思わず「星がきれい」と思ったことを覚えています。人は、どんなに困難な状況の中でも、輝く星を見て「美しい」と感じる心が残っているものなんだなと自分でも驚きました。その心が残っているうちは大丈夫かもしれないとも思いました。』

追記 その5
作詞家で詩人の覚和歌子さんの公式ファン・サイトに、6月11日付けで覚和歌子さんが「震災当夜の星空の物凄さについて伝え聞き」作詞した「ほしぞら と てのひら と」が紹介されている。「被災者の方たちは、どんな気持ちで満天の星と向かい合ったのだろう」という気持ちで書かれたという曲のライブ映像もみることができる。

追記 その6
6月23日の朝日新聞に掲載された、宮城県花巻市東和町で避難生活を送る坂本一也さんの言葉。坂本さんは大槌町の自宅と山田町の職場を津波で流された。以下に記事をそのまま引用する。「今でも不思議ですが、震災当夜、職場の上司と眺めた星の美しさが脳裏に焼き付いています。沿岸部はすべて破壊され、辺り一面が暗闇だったので、星の輝きに気づいたと思う。悲しい輝きでした」

追記 その7
12月23日から25日まで福島県の沿岸部の街に、支援活動の一環として職場から2泊3日で派遣された。震災直後から手を挙げていたが、ようやく自分の仕事を生かせる形で行く事ができた。
街は、一見何も変わらないように見えたが、よく見ると建物のあちこちに亀裂が入り、瓦屋根が青いシートで覆われた家も多数あった。なによりも街で耳にした地元の人達の会話は、原発事故に関連するものばかりだった。

追記 その8
2011年も終わろうとする12月30日に、三陸沿岸部で自宅を津波で失った親族が高台の新居に引っ越した。避難した小高い神社から津波に自宅が流されるのを目の当りにし、足許まで迫る波に死を覚悟したという3月11日から9ヶ月余り。まだ襖も張られていないそうだが、ともかく家族そろって新居で新年を迎えることができたと聞き、とても嬉しい。

追記 その9
あの日から1年が過ぎた3月中旬に、遅ればせながらお見舞いと新居のお祝いを兼ねて三陸沿岸の親族のところまで行ってきた。
地震直後に、海に面したお社のある海抜10メートル弱の小さな高台に避難したところ、津波は一気に周辺の家々を流し去って行ったそうだ。津波の到達高度は10メートル強で、計算上は水没するはずの高台は、避難した30名余りの地域の人々の足許まで波が来たが、その命を守ってくれたという。連れて行ってもらうと、海岸沿いの驚く程ちいさな森のような高台には、ひっそりお社が残っていた。周辺の家々は基礎だけ残して全て失われていた。
あの晩は、雪が舞う中でキレイな月が見えていたそうだ。「でもね・・・・」と言ったきり、あとの言葉を飲み込んだ。私が河口湖畔で星空の美しさに心を奪われていた頃に、繰り返す余震のなかで流出した重油に引火して周囲はまさに火の海だったという。朝になって水が引いたものの、周囲には流された家々や船などが積み上がり、高台を下りる道すら見つからなかった。昼過ぎになって、消防の人が道を切り開いて来てくれてようやく救助された。それまでに口にしたのは、飴と小さなカンパンを1つずつだった・・・・。

3月20日の朝日新聞。佐伯一麦氏と古井由吉氏の往復書簡の最終回。佐伯一麦氏の手紙から。「震災の夜に上った七夜の月が、一年を経て巡ってきたのは二月二十八日の夕で、この日こそ一年の後と思い定めて月を待ちましたが、雪が降りしきり心の月を眺めることになりました。」
そう、あの晩は半月直前の月がスバルの横に見えていた・・・。
1年が過ぎて、金星と木星を従えてスバルの横に並ぶ月を見て、思い出した。

追記 その10
震災から2年が過ぎようとする2013年3月1日の朝日新聞の震災特集の記事
宮城県女川町立女川第一中学 佐藤敏郎先生の語りから。・・・2月15日、全校で防災集会を開きました。テーマは「3・11と向き合うです。・・・一言メッセージを書いた。「なになに3・11」というものです。俳句より長くてはだめ。呼びかけでもいい。自分しか分からない言葉でもいい。無理に書かなくてもいいよ。そう伝えました。・・・「流れ星を二つ見た3・11」と書いた子もいた。あの晩はみんなで体育館に泊まりましたからね。

1年が過ぎた時には「ああっもう1年が過ぎたんだ」という前向きな感慨があった。そして2年が過ぎた今は、むしろ日常を取り戻すまでの道のりの長さに改めて呆然としてしまう。

追記 その11
震災から3年目のNHKラジオの特集番組をカーラジオで運転中に聴いた。
岩手県石巻市で被災した方々からのメッセージで、「震災当夜のすごい星空の美しさが今も忘れられない」という投書と、「悲しみと絶望で止まらなかった涙が、震災当夜の美しい星空を見ているうちに自然と止まって、希望を感ずることができた」という投書が紹介された。その夜の石巻は、それまでの吹雪のような雪が止むと、サーッと一面に見事な星空がひろがったのだという。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-03-19 01:55 | 月・星のある風景

禁断の果実(M97ふくろう星雲)

手持ち撮影ということでやってきたが、リングによって接眼レンズにコンパクト・デジカメを直接に密着できるようになったので、「手持ち」という枕詞がはずれてしまった。手持ち撮影による凍傷の危険がなくなったのはよかったが、両手が自由になると人間は思わぬことをはじめるものらしい。二足歩行で両手の自由を獲得することによって進化してきた人類にとって、それは宿命とでも言うべき性なのかもしれない・・・。

リングのおかげで、目的の天体を望遠鏡に導いてデジカメを装着し、テスト撮影を重ねて構図と露光時間を決めると、日周運動で移動していく対象天体を視野の真ん中に戻すだけで、コマ数を重ねていくことができる。セルフタイマー機能を利用すれば一回に3-4コマは連続撮影が可能なので、また微動ハンドルを手動で操作して視野の中央に対象物を戻し撮影を繰り返していく。ただ、日周運動の影響を最小限にして星を点像に近く写すには、北天の天体なら3-4秒の露光時間も可能だが、天の赤道に近い天体は1-2秒の露光時間がせいぜいだった。

展示パネル用の写真撮影のために3月4日の晩も郊外に出かけて、微動装置を動かしては対象天体を視野の中心に導くという動作を繰り返しているうちに、いちいちデジカメのモニターで確認しなくても視野の中心に戻す手加減がつかめてきた。そこで、ふと思い付いた。露光時間中も微動装置を動かし続ければ、比較的長い露光時間でも日周運動が相殺されて点像が得られるのではないだろうか・・・。ただ、露光中は対象天体を見る事ができないので、手加減ひとつで追尾を行うことになる。いわば簡易手動追尾という寸法だ。早速にM97ふくろう星雲で試してみた。露光時間を5秒にしてセルフタイマーを8コマの連続撮影に設定してシャッターを切ると、露光中も微動装置のハンドルを握りしめて動かし続けてみる。出来た写真をモニターで確認してみると、半分ぐらいのコマで微動のスピードがうまく合って星がほぼ点像を結んでいた。

b0167343_2361738.jpg
ということで、左側が3月2日の晩に従来の方法によって露光時間3秒で撮影した64コマをコンポジット処理したもので、右側が3月5日の晩に簡易手動追尾によって露光時間5秒で撮影した32コマをコンポジット処理したものだ。単純計算での積算露光時間は、前者が192秒で後者が160秒になる。簡易手動追尾だと、微動装置の振動のためか星がやや肥大しているが、線状に写るよりは見栄えは良い。なにより、フクロウの目玉(というより豚の鼻という方が相応しい感じだが)がかろうじて写っているのがわかる。従来の撮影方法よりも解像度が高く、積算露光時間が短い割には対象が明るく写っている。

両手が自由になって、追尾という禁断の果実にとうとう手を伸ばしてしまった。思えば遠くに来たものだが、いったいこれからどこまで堕ちていくのだろうか・・。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-03-11 02:38 | 手持ち撮影にこだわる訳

威風堂々(M13球状星団)

思いもかけない展開になった。ウイルシステムデザインという移動プラネタリウムを手がけている会社から、天体写真を使いたいというビックリ仰天のお話しをいただいたのだ。一般の人達を対象にして星空に親しんでもらえるような展示パネルを準備しているので、小望遠鏡で楽しめる星雲・星団を紹介するのに写真を使わせて欲しい、という夢のような提案だった。星雲・星団の写真なら他に適当な方がたくさんいるはずだが、「小屈折望遠鏡で見ているままを写す」というコンセプトの写真こそが企画に相応しいというお話しで、なるほどなあと思う。

b0167343_23423040.jpgそこで、季節ごとの代表的な天体の写真を幾つか選んでお送りしたところ、早速に冬の天体についての試作版を送り返して下さった。大きなパネルに、代表的な星雲・星団としてM1M37M42M45の写真を入れて下さっている。立派なパネルにして下さって嬉しい反面、少しでも見栄えのする写真にしたいものだと強く思った。展示は4月初めということなので、「手持ち」ではないがリングを使っての「望遠鏡で見たまま」のお手軽撮影で、春の代表的な天体を撮影し直そうと考えた。こんな立派な大義名分があれば平日の晩に遠征してもいいだろうと、3月2日の夜遅くにNikon 8cmを車に積込んだ。
b0167343_23431898.jpg


八ヶ岳方面には少し雲が出ており、また雪に降られた前回の苦い経験もあって、別の場所を考えた。しかし富士山麓まで出かけるには時間も遅く翌日の仕事に差し障りが出そうだ。そこで自宅から車で20分ほどの盆地の南縁にある山中に向かった。北西の空は街灯りの影響が強く、南側は山が迫って視界が狭いのが難点だが、自宅周辺に比べれば上々の条件だ。街灯りの影響の少ない東の空で、夜半過ぎに高度を上げてきたM13球状星団を撮影した。望遠鏡で覗くと星団周辺部の微光星が分離して見えて、星が密集していることが感じられる。リングで接眼レンズにコンパクト・デジカメを装着すると、日周運動の影響を最小限にするため露光時間を1.6秒と短く設定して撮影し、64コマをコンポジット処理した。

b0167343_2347229.jpg高度があって気流の影響も少なく風も弱かったのに加えて、露光時間を抑えたことも功を奏して密集した星の集団である様が以前の写真よりかなりよく写っている。星団自体の大きさはオメガ星団には遠く及ばないものの、なかなか堂々たる姿で、北天で最大規模の球状星団たる偉容が十分にうかがえる満足できる成果になった。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-03-08 00:05 | 手持ち撮影にこだわる訳

風の晩に(オメガ星団)

強風の中にいると心がかき乱されるのは、動物としての本能なのだろうか。2月25日の晩のことだ。

思い返せばスタートからしてせわしなかった。勤務の関係で家に戻ったのは午前1時前。しかしそれは以前から判っていた事だし、翌日にゆっくりすれば問題はなかった。30mm接眼レンズの表面の汚れが以前から気になっていたので、出掛けに急いでクリーニングした。そして機材を車に積むと八ヶ岳山麓を目指した。

目的地に近付くにつれ、ヘッドライトの中に何か舞っているのが目につくようになった。車の窓越しには星が見えているのだが雪だった。あっという間に本降りになってきたため止むなくUターンする。高度を下げて田圃の中の小さな公園に陣取ったが、遮るものがなく視界が広いぶんだけ寒風が吹き抜けている。時計は午前2時をまわって東の空に下弦の月が昇ってきたが、見事な星空だ。

家を出た時の慌ただしさのまま満天の星の下に立ったせいか気持ちが急く。まずは北天の銀河に望遠鏡を向けようとしたが、八ヶ岳から吹き下ろす冷たい北風にあおられて、目的の天体がうまく導けない。振返ると「からす座」の四辺形が南中していて、まだ見ぬオメガ星団を眺めるにはうってつけのタイミングだった。双眼鏡で確認してみると、星図と照らし合わせるまでもなく一目でそれとわかる光芒が山の稜線の上に見える。自宅からは全くのお手上げだったのが、空が暗いとこんなにもあっさりと見えるものなのか。期待に胸を膨らませて望遠鏡を向けたが・・・接眼レンズがおかしい。よく見ると中心部がうっすらと結露している。レンズのクリーニングの際にレンズ内部に水分が残ってしまったようだ。

そこで、ツアイス・サイズの25mm接眼レンズに付け替えて眺めてみると、たしかに大きいが捉えどころのない光芒だ。露光時間を2.5秒に設定して手持ち撮影を始めたが、モニターで見る画像もやはりボンヤリしている。何か望遠鏡に問題があるのだろうか?そこで土星を見てみたが、強風の割に良く見えているので望遠鏡に問題はなさそうだし、上空の気流もそれほど悪くないようだ。それならと腰を据えて撮影をはじめた。次第に指先の感覚が失われてくるが、背中をあおる強い北風と競争しているかのように、夢中でコマ数を重ねていった。

b0167343_14312876.jpg時間とともに風が強まり望遠鏡が揺れるのが凍えた手でも判るようになって我に返った。撮影したコマをデジカメのモニターで確認したら、視野内の星がぼんやり肥大して写っている。気流の影響よりも、風で望遠鏡が振動するために、ボンヤリした写真になっていたのだった。未練がましく64コマをコンポジット処理してみたが、そもそも周辺の星自体がここまで大きく肥大していては、球状星団の個々の星が分離して写るはずもない。

強風でひどい写真になったが、強い季節風のおかげで地平線近くまで澄み切った空になったので見る事が出来た、とも言える。無理をして出かけて行った成果はあったと考えたい。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-03-05 14:34

結論はいつも同じ・・(NGC4565銀河)

M51が渦巻き銀河を真上から見たフェイス・オンの代表的な姿であるのに対し、真横から見たエッジ・オンの代表と言えば「かみのけ座」にあるNGC4565になる。今のコンパクト・デジカメを購入し、まさか写るまいと思いつつもISO3200で手持ち撮影を試みたところ、モニター上でその姿を確認して驚いたのが、ちょうど去年の今頃だった。あれから早くも1年経ったことになる。今度はリングの助けを借りてコマ数を稼ぐことで、すこしでも明瞭な写真に出来たらと考えた。街灯りたっぷりの自宅の庭からではあるが、高い透明度に期待をしてNikon 8cmをNGC4565に向けた。

b0167343_017169.jpgMel111という疎な星団の直ぐ近くにあるので、望遠鏡の視野に導くのは意外と容易い。眼視だと中心部の小さな光芒は見えるが、長く伸びた腕までは確認出来なかった。露光時間を前回よりも短めの3秒に設定すると、繰り返し視野の中心に導いてはコマ数を重ねていった。64コマを選びコンポジット処理してみると、中心部からまっすぐに伸びる腕が左右で長さがかなり異なる様が比較的明瞭に写っている。しかし、3秒の露光時間でも日周運動の影響で星が伸びており、その結果として銀河もボッテリと厚みを帯びてしまって、この銀河本来のシャープさが感じられない。去年は写ったことに満足したのだが、写るとわかると「もっとよい写真を撮りたい」と欲が出てくる。

露光時間を延ばせば日周運動の影響を受けるし、露光時間が短ければ写りにくい。しかし追尾をせずに撮影する以上は、このジレンマからは脱することはできない。コンポジット数を増やせば、ある程度は改善できるが、それとて今回の64コマは上限に近く、その倍の128コマを処理する気力はない。そうすると出来る事はただ1つ、空が暗く透明度の高い場所に遠征し、可能な限り露光時間を短くして撮影すること、といういつも通りの結論に辿り着く。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-03-01 00:19 | 星雲