梅雨の合間の球状星団三昧(その5-M10球状星団)

すでに球状星団の視直径の比較するための組写真に載せたが、6月21日の晩に楽しんだ球状星団巡りの次なる対象は、初夏を代表する星座の1つである「へびつかい座」にあるM10だ。M10はM12と隣り合わせにあって、双眼鏡だと同一視野内に見える。組み写真にあるように両者の光度はほぼ同じなのだが、双眼鏡で見てもM12が随分と儚げなのに対してM10は恒星のように明るく見える。

b0167343_23372742.jpg以前の手持ち撮影だと、単なる光芒という写り加減だったものが、3.2秒露光の簡易手動追尾で撮影した40コマをコンポジットした画像だと、きちんと周辺部の星が写っているだけでなく中心部の星も一部は分離して写っているようだ。以前の単純な手持ち撮影とは異なり、ちゃんと球状星団らしく写っていて、ちょうどM22をうんと小さくしたような感じだ。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-07-29 23:38 | 星団

M13の副産物(NGC6207銀河)

M13の画像をじっくりと眺めていて、写野の端に恒星とは少し異なる紡錘形の小さな光芒が写っていることに気が付いた。そこで、インターネットのM13の画像やStellariumを詳しく調べたところ、これがNGC6207という銀河であることがわかった。

b0167343_0304229.jpg
NGC6207は光度が11.6等で視直径は3’。春のメシエ天体の中で最も地味な銀河のM91でも、光度が10.2等で視直径も5’ある。全部で107個あるメシエ天体を制覇するためには、残りの対象は22個。大部分が春の銀河で、しかも暗い対象ばかり残ってしまっているので、今シーズンは早々に諦めてしまったのだった。しかし、簡易手動追尾のおかげでNGC6207のような暗い銀河まで写っているのだから、来シーズンは頑張ってみようと思う。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-07-27 00:31 | 星雲

夏の月

台風とともに涼しい天気が運ばれてきたかのように、そのまま過ごしやすい日々が続いている。そのせいか天気がすっきりしないが、夜には晴れそうだというGPV予報を見て7月22日の晩は自宅から車で30分ほどの山中に出掛けた。公営の公園内の駐車場に望遠鏡をセットして晴れるのを待つが、なかなかスッキリと晴れない。

そろそろ月も昇るし、こんな天気なら帰ろうかと思っていたところにヘッド・ライトを点けて車が1台入ってきた。公園の管理者なのだろうか、車止めの鎖の中に入っているのが不法侵入だと、すごい剣幕でどやされた。スッキリしない気持ちを飲み込むようにして、言われるままに望遠鏡を鎖の外に移した。このまま帰るのは逃げるようだし、何よりこれでは気持ちが収まらない。そこで、半ばヤケクソで雲から顔を出す星空をボンヤリと眺め、カエルの声と山の夜気を楽しんだ。

するとどうだろう、しばらくすると晴れ間がどんどん広がって星が見えてきた。月明かりで天の川はかろうじて存在がわかる程度。望遠鏡でもM22球状星団は良く見えるがM17オメガ星雲は存在が確認できないので、コリメート撮影はあきらめて、双眼鏡や望遠鏡で天頂付近の星団を眺めて楽しむ。気分もようやく晴れてきた。

駐車場の上には林の影が月明かりでクッキリと見えている。そして林の上に下弦の月が顔を出したので、望遠鏡を向けてみた。気流が良いのか、高度が低い割には細かい地形もよく見える。こんな山中まで来て月の写真というのも変な気がするが、デジカメを付けてコリメート撮影してみた。ISOは200でF値は5.6、露光時間は1/125秒で連続撮影した8コマをコンポジット処理した。

b0167343_113530100.jpg
細かい地形も見えるように、今回は大きめの画像でアップしてみたので、クリックして月面散歩をお楽しみ下さい!この写真は合法な場所で撮影したので、不法侵入の共犯にはなりませんので、ご安心を。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-07-24 11:39 |

球状星団の視直径は、どうなっているのか?

球状星団を眺める時に規模をイメージするのには、光度と集中度とともに視直径が重要なデータになる。ところが、この視直径のデータが引用先によって結構バラバラなのと、見た目のイメージと合わない場合が多いことに気が付いた。

b0167343_1393247.jpg

写真はクリックすると少し大きくなります
そこで、各球状星団の画像の中心部を70%で統一して切り出し、組み写真にしてみた。基本的な撮影方法はいつも同じなので、拡大率もほぼ同一であるはずで、このようにして各星団を並べて、その見かけの大きさを比較することは可能だと思う。写真に書き込んだ光度と集中度はAstro Artsのサイトから引用したものだ。

b0167343_1395924.jpg
そして、WikidepiaとAstro Artsのサイト、そしてStellariumのデータから各球状星団の視直径を書き出してみた。まずは、そのデータに大きな差があることに驚かされる。このうちWikidepiaのデータは星団ごとに原典が異なる可能性もあるので別にするにしても、Astro ArtsとStellariumのデータの間にも相当に大きな隔たりがあって、呆れてしまう程だ。

Nikon 8cmで見る限りは、多くの球状星団は中心部の星が密集した部分しか見えないので、例えばM5はM13に比べると随分と小さく感じられる。しかし写真で見るとM5は周辺部にかなり広く星が広がっているので、確かに視直径がM13とドッコイドッコイなのも一応は理解できる。しかし、それにしても視直径のデータは、見れば見るほど?????となる。

全体的に見るとAstro Artsの方が写真のイメージに近いが、それでもM3の方がM22より大きい点はやや納得がいかない。あるいは、大型の望遠鏡で写すとM3はもっと広い範囲にまで星が広がっている、ということなのだろうか?

みなさん、どう思いますか?
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-07-20 01:41 | 星団

梅雨の合間の球状星団三昧(その4-M13球状星団)

b0167343_9362287.jpg6月21日の晩の球状星団巡りの次なる対象は、王者M13だ。M13は、簡易手動追尾をはじめてすぐの冬の夜に八ヶ岳下しが吹き抜ける中を、露光時間6秒で撮影したことがあった。今回は月も出ているので露光時間は3.2秒に設定してコマ数をかせぐことにした。

全部で37コマをコンポジット処理してみたが、星が密集した中心部の大きさは王者の風格を感じさせる。ただ、画像をよく見てみると周辺部の星の広がりはM5と大きくは変わらないようにも感じられる。確かに、写真に写る周辺部の星の広がりは、眼視で見える中心部の大きさの印象とはかなり違う場合がありそうだ。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-07-16 09:38 | 星団

梅雨の合間の球状星団三昧(その3-M5球状星団)

どうやら梅雨が明けたようだが、月齢が進んできて夏の銀河をじっくり味わうには月末まで待たねばならない。

b0167343_23211875.jpg6月21日の晩の球状星団シリーズの続きであるが、M3の次はM5を見た。M3とM5は、お互いに比較的近くにあるのでセットで見ることが多いのだが、驚いたことにM5の見かけの大きさがM13にも匹敵するというような記述もある。

いずれにしてもNikon 8cmで見る限りは、M3とM5はほぼ同じような規模に見える。ただ、以前に手持ち撮影した時にも感じたが、M5は周辺部に星が分離して見えるように感じられる点がM3と異なる。

そこで露光時間を3.2秒に設定して、簡易手動追尾で撮影したなかから、40コマを選んでコンポジット処理してみた。すると、中心部の大きさはM3と同じぐらいであるが、確かにM5の方が広い範囲にまで星が広がっているのがわかる。M13に匹敵するとは思えないが、この後にM13も撮影しているので、いずれ並べて見かけの大きさを比較してみたい。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-07-10 23:24 | 星団

梅雨の合間の球状星団三昧(その2-M3球状星団)

b0167343_1871421.jpgM53の次は「りょうけん座」のM3。見応えのある球状星団の1つとしてあげられるが、このサイズの口径では眼視で個々の星まで分離するのは難しい。しかしチリチリとした質感は感じることができる。三角定規のような3つの星の中心に収まる様も上品だ。

露光時間を3.2秒に設定して簡易手動追尾で撮影したなかから、37コマを選んでコンポジット処理してみたが、周辺部の星の雰囲気も含めM53をさらに近くして眺めたような感じに写っている。その均整のとれた美しさは球状星団の中で3本の指に入るだろう。以前の手持ち撮影でも周辺部の星は分離して写っていたが、比較してみると改めて追尾の威力を実感することが出来る。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-07-09 18:08 | 星団

梅雨明けは近い!?

7月5日は日中から素晴らしい青空だった。GPV気象予報では、22時ごろからは雲が出てきて次第に広がるという。集中して仕事を片付けると夕食も急いで済ませ、ドブソニアン望遠鏡を車に積んで八ヶ岳山麓に向かった。現地到着は21時少し前で、月が沈みかけていた。双眼鏡であちこち眺めながら、望遠鏡の鏡が外気温に馴染むのを待っているうちに、月が沈んで素晴らしい星空になり、ドブソニアンで夏の星雲・星団を巡った。

b0167343_1372676.jpg予報より少し遅れて23時過ぎに北西から雲が広がってきた。一応は満足して帰えるつもりでいたが、なんとなく往生際悪くしていると、雲は南下して再び星空が広がった。するとどうだろう。南の低空に残った雲が街灯りを吸収してくれて、銀河が真っすぐに立っている様子がクッキリと夜空に浮かびあがった。

コンデジを三脚に付けると、ISOは2000とやや抑え気味にして、露光時間を6秒に設定して、ドブソニアンと一緒に銀河の前で記念撮影をしてみた。連続撮影した8コマをコンポジット処理してみたところ、銀河を複雑に分かつ暗黒帯も鮮明に浮かび上がってきた。

夏近し、そんな記念撮影になった。彦星と織姫星は写っていないが、ちなみに今日は新暦の七夕。梅雨空の上では美しい銀河が本格的な夏空を待ってくれている。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-07-07 01:42 | 月・星のある風景

梅雨の合間の球状星団三昧(その1-M53球状星団)

梅雨の合間の貴重な晴れ間に敬意を表して、23時前には下弦少し前の月が昇ってくる条件ではあったが、6月21日の晩は平日の晩にもかかわらず盆地の山裾の観望地に出掛けた。いわゆる里山と呼ばれるような場所で、周囲には水田があるので、カエルの声が賑やかだった。現地に着いて望遠鏡をセッティングしたら既に月の出直前の時間になってしまったので、月明かりの影響を受けやすい淡い星雲の観望はあきらめて、初夏の空にたくさんある球状星団を対象に定めた。

b0167343_0353674.jpgそんな中で最初に望遠鏡を向けたのは、かみのけ座のM53だ。望遠鏡で覗くと、面積を持った正円形の光芒で、個々の星にまでは分離されないが、その独特の風合いから球状星団だとわかる。露光時間を3.2秒に設定して簡易手動追尾で撮影したうち37コマを選んでコンポジット処理してみたが、以前の手持ち撮影に比べると周辺部の星が幾つか分離されており、かなり球状星団らしく写っている。

この夜は全部で7つの球状星団に望遠鏡を向けて簡易手動追尾で撮影を行って、まさに球状星団三昧という夜になった。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-07-07 00:39 | 星団

冬空の忘れ物(M101回転花火銀河)

すでに4ヶ月が過ぎてしまったが、3月9日の晩に八ヶ岳山麓の厳しい寒さにも負けずに簡易手動追尾で撮影したM101の写真をアップしそびれていた。

b0167343_273153.jpg画像は、露光時間を10秒に設定して撮影したなかで、星があまり流れずに写った23コマを選んでコンポジット処理してみたものだ。寒さが厳しい分空の条件は良かったので、非常に暗い対象ながら2本の渦巻き構造を追うことができる。回転花火になぞられるような華々しさは感じられないが、簡易追尾でなければ捉えられない姿である。でも、以前に手持ちで写った時の方が興奮したなあ。

寒風に指先が凍えそうになりながら気合いで撮影したのが、すでに遠い昔のように感じられる。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-07-02 02:08 | 星雲